夢の留学。アメリカってこんなところ。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

はじめまして。アメリカ、オレゴン大学に留学している大上佳那子と申します。オレゴン大学はアメリカ西海岸オレゴン州の小さな町、ユージーンに位置しており、留学生活が始まって4ヶ月が経とうとしています。

夢の留学。アメリカってこんなところ。

ユージーンは自然に溢れた田舎ののどかな町です。

私がアメリカに来るまで


今回は私が留学を決意した経緯についてお話しさせていただこうと思います。

小学生の頃に英会話を習い始めたのをきっかけに、中学生くらいから漠然といつか留学に行きたいと考えるようになりました。大学生になってもその思いが消えることはなく、様々な葛藤はありましたが2年生終了と同時に休学という方法を使って留学に行くことを決意しました。

当初は休学ではなく、「認定留学」という方法を使って留学に行くことを考えていました。認定留学というのは現地の大学で取得した単位を帰国後に日本の大学の単位として認めてもらうことで留年することなく4年間で大学を卒業できるという制度です。交換留学は日本の大学の協定校に留学するのに対して、認定留学の場合、学生自身が多くの場合留学エージェントを介して留学希望先へ直接申し込みをし、受け入れ許可を得た後に日本の大学の許可を得て留学するというものです。

私はできることなら4年で大学を卒業したいと思っていたので、どうにか制度を使いたいと思いました。しかし、日本の大学の総務課等と話を進めていく中で、

①日本の大学と海外の大学とではカリキュラムがかなり違っているために海外で取得した単位がすべて認められることはまずなく、帰国後に就職活動と並行して単位を取らなくてはならないこと
②就職活動開始時期の変更の都合で、帰国後、少し遅れて就活を始めることになること

主にこれら2点が問題として浮かび上がり、悩んだ末に休学という方法を選ぶことにしました。休学することによって、帰国後に3年次をやり直すことができるので単位を急いで取る必要もなく、また余裕を持ってインターン等にも参加することができ、就職活動も余裕を持って始めることができます。

しかし、同級生より1年遅れて5年かけて大学を卒業するのは私にとってリスクでもあるし、できることなら大好きなみんなと一緒に卒業したい。不安になったり正直悲しくなることもありましたが、自分にとって長年の夢である留学に行きたいという気持ちが薄れることはなく、海外に行って様々な人と出会い、異文化を体験するということが私にとってリスクを上回る価値に思えたので休学という方法で留学に行く事を決意しました。

夢の留学。アメリカってこんなところ。

なぜそこまでして留学に行きたいのかと聞かれると、正直たいそうな理由はありませんでした。ただ「英語が話せるようになりたい」、その想いだけです。
大きな理由や具体的な目的がある事はもちろん素晴らしいと思います。しかし具体的な理由がなくても、私のように英語が話せるようになりたい、外国人とコミュニケーションを取れるようになりたいという、単純な理由でも躊躇する必要はないのではないでしょうか。留学生活の中でその意味を見出すというのも悪い事ではないと思います。むしろ様々な事を経験して葛藤するたびに自分の思いや夢が変わる事だってあります。留学という機会を通して私自身、自分にとことん向き合おうと思います。

以上が私がアメリカに来た経緯でした。

夢の留学。アメリカってこんなところ。

初めての海外


とはいえ、この留学が私にとって初めての海外でした。

飛行機の乗り換えから税関検査、何から何まで初めての経験で、日本を発つ前日はすごく緊張していたことを覚えています。成田空港からポートランド、ポートランドからユージーンと乗り継ぎがあったのですが ポートランドでの乗り継ぎの際、アメリカという国の適当さを見せつけられた気がします。笑 アナウンスや掲示も一切なしで搭乗口の変更、さらには到着遅れ、出発時刻の変更と、こちらから聞かないと何も教えてくれないのです。日本では絶対にこんな事は起こらないですし、なんせ初めての海外だったのでこの時点で私のメンタルはボロボロでした。

この出来事も含めて、アメリカの空港に着いて最初に感じた事は、人の自由さです。いたるところに歌っている人、楽器を演奏する人、それに聴き入る人々がいて、演奏が終わるとまるでコンサートかのような大きな拍手が起こります。これはちょっとした例ですが、人々が自分の感じたことや思ったことをすごく自由に、そして素直に表している姿を実際に見て、アメリカという国の本質を垣間見ることができたと思います。

夢の留学。アメリカってこんなところ。

今回は初めての記事だったので私の自己紹介がメインという形なってしまいましたが、次回からはもう少し詳しくアメリカでの生活で感じたこと、学校生活について触れられればと思います。
皆様の参考になる記事を書けるように頑張りますので時間があるときに覗いていただけると嬉しいです。

この記事を書いた学生ライター

Kanako Oue
Kanako Oue
8 ライターに共感したらGoodしよう!

アメリカ University of Oregon に留学中の20歳です。自然いっぱいの小さな町で暮らしています。好きなことは音楽と食べること!!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す