【大学生】恋愛をうまくさせる!男性とうまくいくための3つのポイント

Infra ライティング講座
はてなブックマークでシェアする

高校生のころとは違い、アルバイトで稼いだお金やサークルなどの活動とこれまで経験してきていないことが身についてきます。 そんな時起こりえるのが、男性の「見栄っ張り」。 男は常に自分が一番であり、誰よりも評価されたい生き物でステータスを気にしています。 そういった男の行動を理解して、恋愛も成功させましょう。

仕事出来るアピール

「昨日アルバイトで、〇〇と〇〇を同時にしてさ〜」 「今週も店長にヘルプ頼まれてさ〜」 このように、バイトの武勇伝を語ってきます。 悪気があるわけではなく、自分のステータスを高めようとしているのです 異性を意識しているからこそ、してしまう行動ですからここは大人の対応は以下の様なものです!

SEP_329915201730-thumb-815xauto-16091出典:https://www.pakutaso.com/20150655153post-5588.html 「すごいね!」「なんでもできるんだね!」と相槌をしておくのがいいでしょう。 男性が仕事を自慢したいのはつまるところ、「能力が高い」ことの示唆をしたいだけです。 何ができようと、どんなに伝わらないアピールだろうととりあえず褒めるのがいいですよ。

すぐおごるアピール

大学生が持っている金銭はそう多くありませんし、社会人のように女性におごるにも限度があります。 一人暮らしならなおさら、お金に困っています。 でも女性の前ではかっこいい男を演じ、おごることで自分には経済力があって包容力があるとアピールしたいものです。

TSJ93_aisukueyo20150208153920-thumb-autox600-18246出典:https://www.pakutaso.com/20150317071post-1.html そんな男性には、「7:3の法則」を使いましょう。 出費の7割は男性に出してもらって、3割は払うという方法です。 男性からすれば、奢られようとしていない女性に見えますし自分のステータスも高められます。 それにその時の3割の投資によって、次回のデート資金が貯蓄でき、「先行投資」で大きなリターンも期待出来ます!

高身長アピール

男たるもの、「ちび」とは言われたくないものです。 しかし女性には、ヒールというドーピング道具があります。 本来あるはずの身長差もヒールによってなかったことに… だからこそ、男性は上から女性が見えるように段差がある場所に立とうとするか、椅子に座ることで身長を気にしないようにしむけます。

lala_426720140921153047-thumb-815xauto-17827出典:https://www.pakutaso.com/20141205346post-4939.html そんな時は男性の体格をほめてあげましょう! 「肩大きいね」「腕鍛えているの?」 体のパーツを褒められてうれしくない男性はいません。 それどころか、かなりきゅんとします。※個人差あり そういったフレーズで男性の意識から「身長」というものを無くしてあげましょう!

この記事を書いた学生ライター

Sho Fukushima
Sho Fukushima
60 ライターに共感したらGoodしよう!

都内の大学4年生の福島 翔です! 人生を大きく変えるような記事を発信していきたいので、これから宜しくお願いします。 三度の飯よりも漫画が好物です。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 東大 学生旅行 日本 大学 ハーバード TED
Infra ロゴ