これから留学する人、必見!今すぐダウンロードしておきたい英語文章添削サービス「Grammarly」とは

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

留学すると一気に高まるのが、”英語で書く”頻度。

身振りも交えて伝えられる話し言葉と違い、教授にメールしたり、エッセイを書いたりと、”正確さ”が求められる場合が多いですよね。

そんな時に役立つのが、今回紹介する「Grammarly」というサービス。私自身、アメリカ留学中に重宝していました。

今回はこの便利ツールを、留学を控えた人、留学中の人はもちろん、「英語の文章の質を上げたい」人にぜひ使ってもらいたいと思い、ご紹介します。

そもそも、「Grammarly」って?

「Grammarly」とは、AI技術を使って英語の文章を添削してくれるサービスです。文章をタイプすると、250以上の文法項目をチェックしてくれます。動詞の時制、スペルミスなどのありふれた間違いに加えて、文脈を考慮した上でミスをチェックしてくれる優れもの。パソコンにダウンロードするだけで、TwitterやFacebookなどの投稿文や、Gmailの文面、Word文書も添削してくれます。

日本ではまだあまり知られていませんが、世界ではすでに何百万人ものユーザーがいるほか、600の大学や企業も導入しています。ネイティヴスピーカーも使うこのサービスを使えば、英語でのコミュニケーションがよりスムーズに、ストレスフリーになるのです。

使ってみた!

使い方は簡単です。GrammarlyのWebサイトからダウンロードするだけで、英語で書かれた文章のほぼすべてを、自動で添削してくれます。例えばこれは私が留学初期に書いた、Plagialism(盗作)についてのエッセイですが、いたるところに間違いが……。

undefined

989語の文章で、23箇所ものミスが見つかりました!

冠詞のつけ忘れや前置詞の間違いといったありがちなミスから、カンマの使い方まで、直してくれています。

Wordにもスペルミスチェック機能はありますが、Grammarlyでは「なぜそれが間違っているのか」という理由を示した上で、正しい単語を提案してくれるのが嬉しいですよね。

より質の高い文章を求める人にはプレミアムコースも

このGrammarly、年間会員になれば月に11.66ドルを払うことでプレミアムサービスが受けられます。私のこの文章も、プレミアム会員であればさらに27箇所もの改善点を教えてくれるようです。文法ミスだけではなく、「文脈によりふさわしい語彙」を教えてくれたり、「アカデミック」「ビジネス」などのシチュエーションに応じたアドバイスをくれるのだとか。私の場合、エッセイを書くときにいつも同じフレーズばかりを使いまわしてしまうのが悩みなので、プレミアム会員になればそれも解消されるかも?

「英語の文章に自信がない」という人は、まずは無料でGrammarlyをダウンロードして、より”読みやすい文章”を目指してみませんか?

この記事を書いた学生ライター

co-media 編集部
co-media 編集部
441 ライターに共感したらGoodしよう!

自分も発信してみたいと思ったあなた!co-mediaでは編集者・ライターを募集しています。ぜひこちらからご応募ください! Twitterもぜひフォローよろしくお願いします。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 サマーインターン 教養 就活 海外 アメリカ 留学 女性 インターン 英語 IT企業 日本 ビジネス TED 大学生 ライフハック アメリカ留学ブログ 起業 学生旅行 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す