マーク・ザッカーバーグ——Facebookをつくった男の学生時代

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

世界時価総額ランキングの上位を占める、米国の企業群「GAFA」をご存知でしょうか。Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字を取って「GAFA」と称されており、それぞれ“世界で最も影響力がある企業”だと言われています。

その一角を占めるFacebookを創り上げた男が、マーク・ザッカーバーグです。今ではその名を知らない人がいない実名制ソーシャルネットワークサービスが誕生したのは2004年に、つまり、たった十数年前のことです。


昨今は中国企業の台頭も見られますが、世界時価総額ランキングでは「トップ10」を外さない巨大勢力。学生時代にこの“黒船”を立ち上げた天才の人生を紐解いていきます。


マーク・ザッカーバーグの幼少期


マーク・ザッカーバーグは1985年5月14日、アメリカ・ニューヨーク州ホワイト・プレインズに生まれました。父・エドワードは歯科医であり、母・カレンは精神科医です。

マーク・ザッカーバーグの学生時代。Facebookを作った彼はどういう人物だったのか。


裕福な家庭に生まれ育ったザッカーバーグですが、「おねだりすれば、なんでも買ってもらえる」といったように、甘やかされて育ったわけではありません。


エドワードは、まだ幼いザッカーバーグに「バスケットボールが欲しい」とお願いされましたが、断固として断りました。なぜなら、その理由が「みんながやっているから」だったそうです。


父のエドワードの教育方針は、「周囲に流されることなく、本人が興味を持っていることに全力を注がせること」。


本気でやりたいことであれば全力で支援するが、そうでない限りの支援をしないのです。

ザッカーバーグが本気で興味を持ったことの一つが、コンピュータープログラミングでした。エドワードはまだ子供だったザッカーバーグに機会を与えます。コンピューターの専門家を、家庭教師としてつけたのです。


するとザッカーバーグは、あれよあれよとプログラミングを習得します。1年ほどで、「もう家庭教師が教えることがないほどに」マスターしたといいます。

ザッカーバーグがどれほどプログラミングに長けていたかを証明するエピソードとして、12歳のときに開発したソフトウェア『Zuck net(ザックネット)』について触れます。


『Zuck net』は、歯科医であった父のために開発したソフトウェア。歯科医院に来院した患者が、受付にあるパソコンに名前を入力すると、その情報が診察室のエドワードの元に届く仕組みです。弱冠12歳にして、診察をスムーズにするソフトウェアを創り上げてしまいました。

天才と呼ばれた高校生時代


高校生時代のマーク・ザッカーバーグは、フェンシングチームのキャプテンであり、数学・天文学・地理・古文・フランス語・ヘブライ語・古代ギリシャ語を得意としていて、“天才”との呼び声が高かったそうです。

マーク・ザッカーバーグの学生時代。Facebookを作った彼はどういう人物だったのか。


しかし、傲慢で内気な性格ゆえに、「本当の友達」といえる人は2人もいない有様でした。幼少期には「かるい体罰でしつけをしても一向に問題を理解しなかった」というエピソードもあり、少し変わった性格は過去から今まで変わらないようです。

もともと地元のアーズリー高校へ進学していましたが、2年ほど在学したタイミングで、中退を考え始めます。父・エドワードに「学校での勉強に意味を見出せなくなった」と告げたそうです。


しかしエドワードは、マークを諭します。


学校は人生で一番大切なことを学ぶ場所なんだ。

それは勉強なんかじゃない。人と人とのつながりなんだ。

どんなに優秀でも、それを無くした人間は幸せにはなれない


ザッカーバーグは中退することを辞め、転校することを決意します。転校先は、自宅から300Km離れた「フィリップス・エクセター・アカデミー」。


卒業生の大半がハーバード大学、コロンビア大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学といった名だたる名門校へ進学する超名門校です。

高校を卒業後、ザッカーバーグはハーバード大学に進学。ハーバード大学への入学は、彼がFacebookを創り上げる大きな転換点となりました。


女子学生の格付けサイトが原点


大学に入学後、ザッカーバーグは、同じ授業を履修している他の学生のリストを参照できるサービス「Coursematch(コースマッチ)」を開発します。


その後、Facebookの前進となる、女子学生の容姿を格付けするサービス「Facemash.com」を立ち上げました。同性同士の写真を2枚並べ、どちらがより「Hot」かを投票するサイトです。

しかし、その下劣なアイデアから大学内で問題となり、立ち上げ後すぐにアクセス権が無効となってしまいます。

ハーバードの女子学生たちから総スカンをくらったほか、ハーバードのコンピューターシステムを混乱させたとして、大学から呼び出されて査問されるなど、ザッカーバーグはハーバード大学の「問題児」として扱われていました。

ザッカーバーグは大学から保護観察処分を受けることになったのですが、その処分が、かえって彼の起業家精神に火をつけることに。


「The Facebook」を立ち上げるきっかけとなり、「The Facebook」の人気はすぐさま爆発。サービス開始からたった1か月で、ユーザー数1万人を突破しました。

世界屈指のアントレプレナーに


Facebookは、今では私たちの生活と切り離せないサービスになっています。


名刺交換をするようにFacebookで友達申請を行い、業務の連絡はFacebookの連絡ツール「Messender」を当たり前に利用します。


私生活への浸透度の高さから、「出会い」を仲介するツールになり、「浮気増加」に一役買ってしまうほどです。

リリース以来利用者は増え続け、さらに、買収により企業規模も拡大中。ハーバード大学の「問題児」は、世界を代表する天才であり、アントレプレナーだったのです。


彼の先見性の高さは、Instagram社の買収からも伺えます。

マーク・ザッカーバーグの学生時代。Facebookを作った彼はどういう人物だったのか。


社員わずか13人、売上高もほぼゼロの状態だったInstagramを、ザッカーバーグは10億ドル(約810億円)で買収しました。


買収の一報が一巡した後にわき上がったのは、「なぜ?」という疑問です。


当初は「何が面白いのか分からない」という否定的な反応が出たほどのサービスだったInstagramに、ザッカーバーグだけが高値をつけました。彼を「バカだ」と思った人も少なくなかったでしょう。


しかし蓋を開けてみれば、大成功の買収劇だったことが分かります。


2018年のInstagram社の推定売り上げは、80〜90億ドルです。ユーザー数と売り上げは今もなお拡大しており、今後ますます成長していく見込みです。

資産8兆円超えのビリオネア


ザッカーバーグの保有資産は現在、約8兆〜9兆円だと言われています。

長者番付トップのジェフ・ベゾス(Amazon創業者)、2位のビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)に次ぐ世界3位の資産家であり、伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏よりも多くの資産を持っていることになります。

マーク・ザッカーバーグの名言


ザッカーバーグが残した名言に、彼の人生を象徴する一言があります。「The riskiest thing is to take no risks——リスクを取らないことが一番のリスクだ」。


また彼は「誰だってスマートに仕事をこなしたり、直接的に利益を生み出せる様なスキルを獲得するチャンスがある。しかしそのことを信じなければ、力を発揮する事はできないんだ」とも語っています。


Facebookの立ち上げも、Instagramの買収も、GAFAと称される世界最強の企業をつくれたことも、全ては「自分を信じること」から始まったと言えるのではないでしょうか。

マーク・ザッカーバーグの学生時代。Facebookを作った彼はどういう人物だったのか。


OGP Via Amazon

この記事を書いた学生ライター

co-media 編集部
co-media 編集部
521 ライターに共感したらGoodしよう!

自分も発信してみたいと思ったあなた!co-mediaでは編集者・ライターを募集しています。ぜひこちらからご応募ください! Twitterもぜひフォローよろしくお願いします。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す