【学生必見】東大やハーバードよりも競争率が高い!1人300万の支援金、"異能プログラム"が募集開始。

Infra ライティング講座
はてなブックマークでシェアする

fbza 世の中には変人と呼ばれる人たちが存在する。 そしていつの時代も歴史を動かした人たちは変人であることが多かったという。

そんな変人を日本の総務省が支援する"異能vation"プログラムというものがある。 競争率は東京大学やハーバード大学よりも高いと言われている。

果たして、どのようなプログラムなのだろうか。

 

異能vationとは?

日々新しい技術や発想が誕生しているICT(情報通信技術)分野において、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性があり、奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する人を支援します。 常識にとらわれない、独創的な人への支援を行うことで、日本から革新的な技術と人材を創出することが目的です。本事業にて採択された研究者への支援額は上限300万円となります。 ーー総務省HPより

2014年は異能vationプログラム(通称“変な人プロジェクト”)では、10人の定員枠に対し710件の応募が。 この倍率は、東大・ハーバードの競争率(高くても20倍以内)をはるかに超える70倍の競争率となる。

 

審査員が豪華

①審査員にはMITメディアラボ所長 伊藤穣一氏 ②ロボ・ガレージ代表取締役社長 高橋智隆氏 ③京都大学情報学研究科教授 原田博司氏 ④エバーノートジャパン会長 外村仁氏 ⑤Twitter Japan メディアプログラム部 執行役員 牧野友衛氏 ⑥Ruby アソシエーション 理事長 まつもとゆきひろ氏

など、世界的に活躍されている日本人たちだ。

 

2015年度まもなく募集開始

平成27年度(2015年)の研究者の公募は、平成27年5月15日(金)より開始予定だ。 「我こそが変人だ」という方、一度応募してみてはいかがだろうか?

〇異能vationプログラム ・ホームページはこちら ・Facebookページはこちら
(Top photo: http://japan.zdnet.com/article/35017351/)

この記事を書いた学生ライター

Rikako Ueno
Rikako Ueno
17 ライターに共感したらGoodしよう!

Co-media さんで記事を書かせて頂く事になりました。 私なりに情報発信していきたいと思います^^

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 アメリカ留学ブログ ビジネス ライフハック 日本 学生旅行 東大 大学 ハーバード TED
InfrA ロゴ