スタンフォード大学が授業料無料へ。親の年収が1500万円以下の学生が対象。

Infraプログラミング講座
はてなブックマークでシェアする

アメリカのスタンフォード大学が家庭の年収12万5000ドル(約1500万円)未満の学生を対象に授業料を無料にするプログラムを発表した。 スタンフォード大学の卒業生らから多額の寄付金を受け取っており、2014年の寄付金運用資産は187億ドル(約1兆9000億円)にも上る。

intro_about  

スタンフォード大学の特徴

スタンフォード大学は元々、一人息子を亡くした鉄道王が、息子の名前を残したいと、競走馬を育てるために所有していた牧場を寄付してできた大学。 欧米の名門大学の特徴としては、世界中から優秀な人には十分な奨学金を与えて人材を集めていく。そのなかから億万長者が誕生し、彼らが母校にまた寄付をするのだ。 同大学からはヒューレット・パッカードやヤフー、グーグルといった、シリコンバレーを代表するIT企業が生まれている。学生のみならず、教授も会社を起こし、投資をする。

ハーバード大学の偏差値は測れない!?何が東大生よりもスゴいのかはこちらから→

 

日本との違い

日本の上位校は主に国公立が多いが、アメリカではスタンフォードやハーバードなど私立が多いのが特徴的だ。日本の大学は国の予算で運営しているが、海外の大学は膨大な寄付金で成り立っている大学が多い。

そういったハイレベルの世界と比較すると、日本はまだまだ乏しい国だ。最近では和歌山大学が大学初となるベンチャー企業を設立するなど日本でも例はでてきているが、まだまだ少ないのが現状だ。

(Top Photo:http://www.stanford.edu/)

この記事を書いた学生ライター

Rikako Ueno
Rikako Ueno
17 ライターに共感したらGoodしよう!

Co-media さんで記事を書かせて頂く事になりました。 私なりに情報発信していきたいと思います^^

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ライフハック ビジネス アメリカ留学ブログ 大学 東大 学生旅行 日本 ハーバード TED