まずは「おためし」でもいい 中山美佐子さんに聞くキャリアのつくり方

はてなブックマークでシェアする

こんにちは。co-mediaライターの山浦です。

本日はプロティアン・キャリア協会の中山美佐子さんにお話を伺いました。

今のように副業や転職が一般的でなかった時代から副業や転職にチャレンジし、さまざまなお仕事を経験されてきた中山さんは、どのようなキャリアを歩んできたのでしょうか。

やりたいことが見つからないなど、進路について悩んでいる人は是非読んでみてください!


今回インタビューさせていただいた方

中山美佐子さん

プロティアン・キャリア協会 グロースサポートディレクター、プロ講師

幼稚園教諭・主任教諭を経て、通信大手、電機メーカー、鉄鋼メーカーなど複数の転職と同時に、ラジオパーソナリティや着付講師、研修講師などの複業を経験。

1997年から研修講師・大学生への就職講座、2000年に個人事務所DOORS PRODUCEを設立。2005年よりキャリアコンサルタント、2006年から通期開講の大学講師として活躍中。

人と組織の可能性の扉を開く人材育成コンサルタント。


インタビュアー

山浦凜

co-media編集長。慶應義塾大学在学。高校時代は少林寺拳法部に所属しており、大学では慶應塾生新聞にて記者として活動。


まずは「おためし」でもいい 中山美佐子さんに聞くキャリアのつくり方

「やってみたい」が高じて仕事に

中山さんは今までどのようなキャリアを歩んでこられたのでしょうか。

中山 ー 実は、私が初めて職業や仕事について意識したのは、幼稚園児の時なんです。

幼稚園の先生に「女の子はこうしなさい、男の子はこうしなさい」などと言われることに違和感を感じたんですよね。そこで、幼いながらも「日本の幼児教育を私が変えたい、そのために幼稚園の先生になるんだ」と決めました。


幼稚園のときにですか!?早いですね。

中山 ー そうですよね(笑)

成長の課程で他の仕事が気になった時期もありましたが、幼稚園の先生になりたいという気持ちはずっと持ち続けていたので、実際に幼稚園の先生になりました。その後主任教諭として、8年間続けました。精一杯のことをやったと思ったと同時に、子どもを幸せにするには、子どもに関わる大人が幸せに生きることも必要だという思いを持ちました。また、若いうちにいろんな体験をしておきたいという気持ちもあり、市役所、通信大手、電機メーカー、鉄鋼メーカーで勤務したり、複業で着付をしたり、ラジオパーソナリティをしたり、「やりたいことは全部やってみよう」という思いで色々な仕事を経験しましたね。


一見するとそれぞれの職業にあまり関連性がないように見えるのですが…どのようなモチベーションで新しい仕事を始めるのですか?

中山 ー 私は何かを学びに行くことが好きなので、「やってみたい」と思ったら、とりあえず学びに行くんです。そうすると、着付の教室に通っていたら続けるうちに着付講師の資格が取れたり、アナウンススクールに通い続けていたら「ラジオ番組やってみる?」と言われてラジオパーソナリティになったり…「やってみたい」という気持ちが高じていつのまにか仕事につながっていた、という感じですね。


プロティアン・キャリアの魅力とは

中山さん自身はプロティアン・キャリアという考え方のどのような点に魅力を感じているのでしょうか。

中山 ー プロティアン・キャリアには、「未来志向」「変幻自在」「同時進行」というキーワードがあります。かつては、専門性は一つに絞り込んだほうがいいと言われたものですが、プロティアン・キャリアの考え方は「マルチアイデンティティ」。つまり、未来を予測し、環境変化に変幻自在に適応するためにも、専門性は複数持ちましょう、という考え方なんです。私はいままで「あれか・これか」と分野を絞らずに「あれも・これも」と、同時進行で複業や越境をしつつ、学びや経験の幅を広げてきたので、自分の経験や考え方と共通していると感じることが多く、とても共感を覚えて、魅力を感じました。

ありがとうございます。まさに、副業や転職が一般的になりつつある今の時代に必要な考え方ですね。


やりたいことをやる。まずは「おためし」から

これからキャリアを選択する若者にメッセージはありますか。

中山 ー 遠慮せずにやりたいことをやりましょう、ということを伝えたいです。少しでも気になることがあったら、まずは試しにやってみてください。

たとえば、服を買うときや食べ物を買うとき、私たちはよく試着や試食、つまり「おためし」をしますよね。それと同じで、まずはなんでも「おためし」をしてみて、良かったら続ければいいし、合わなかったら変えればいいんです。


「おためし」をした結果、自分には合わなかったという経験もあるんですか?

中山 ー そうですね、お試しはしたものの、続かなかったこともあります。

優雅なイメージに憧れて乗馬を習ったことがあるのですが、お試しをしてみてわかったことがたくさんありました。予想外に馬にも我があって、イヤだったら歩いてくれなかったり(笑)、背中の位置が思っていたよりも高くて、揺れて怖かったり、筋肉痛になったりなど、実は優雅ではない部分も多かったんです。でも馬の背中から見る景色、頬にあたる風が気持ちいいし、馬は甘えん坊で大きな体ですり寄ってきたりして可愛いのですが、生き物だから毎日、お世話をしないといけないんですね。エサをあげたり、体を拭いたり、もちろん排便もしますから、匂いもする。(笑)

このように、乗馬に限らず、やってみて初めてわかることって、たくさんありますよね。

でも、今話しているうちに、楽しかったことも思い出して、もう一度乗馬をしたくなってきました。休むことも再開することも、自分に許可しておくと、お試しの勇気が出ますね。


一方で、やりたいことが見つからないという悩みもよく聞きます。自分のやりたいことを見つけるにはどうすればいいとお考えですか。

中山 ー 「Do something different」という変化に強くなるトレーニングがあります。普段の生活の中で日常的にやっていることを、何か一つだけ変えて、意図的にいつもとは違う経験をすることで、環境変化への適応力をアップするトレーニング方法です。

最初は小さなことから始めてみましょう。たとえば、通勤や通学に使う電車の車両を変えてみるとか、通勤や通学に使う道を少し変えてみるとか、毎朝見るワイドショーのチャンネルを変えるとか、いつもと違う飲み物を飲むとか、ですね。

慣れてきたら、いつもは一人でやっていることを誰かと一緒にやってみる、または逆に初めて一人で外食してみるなど、変化の幅を広げてみるといいでしょう。そうやって、毎日少しずつ小さな変化に慣らしていくことで、「いつもと同じ」というコンフォートゾーンから出ることが平気になってきて、見える世界が広がります。そうすると、やってみたいこと、やりたいことが見つかる可能性が高まるのではないかと思います。


公開日:2024-05-31

この記事を書いた学生ライター

co-media 編集部
co-media 編集部
703 ライターに共感したらGoodしよう!

自分も発信してみたいと思ったあなた!co-mediaでは編集者・ライターを募集しています。ぜひこちらからご応募ください! Twitterもぜひフォローよろしくお願いします。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 ライター 外資就活ドットコム Agriture 教養 海外 就活 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 英語 IT企業 ライフハック ビジネス 大学 勉強 東大 学生旅行 アメリカ留学ブログ TED 起業 ハーバード