辛い経験を美化しすぎず、でも無駄にしないために。経験から考えるパワハラの対処法

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

昨年の4月から社会人になり、あっという間に1年が経ちました。社会人生活にも慣れ、今は心から自分の仕事と職場が好きですが、以前には職場での時間をとても苦痛に感じていた時期もありました。配属が決まって間もない頃、一番身近で仕事を教えてくれることになっていた先輩に、毎日意地悪なことを言われていたことが原因です。


幸いその方は退職し、その後は自分の好きな仕事を恵まれた環境で出来るようになりました。しかし会社員をしている限りは、立場を利用して威圧的な態度を取る人に出会い、尚且つそのような人と毎日顔を合わせなくてはならない状況に陥る可能性が今後も大いにあります。


そうした場合、どうすればよいのか。今回は、私自身のパワハラ経験について、そしてその経験から考えたことについて書いていこうと思います。


自分の仕事が好きだという人たちが、余計な嫌な思いをすることなく仕事に身を入れることができますようにという願いを込めて。もしくは、自分の仕事をそれほど好きでなくても、収入を得る手段として悪くはないと思っている人が、なるべく平穏に業務をこなせますようにという思いと共に。


揚げ足取りな注意、別室への呼び出し。周囲には気づかれないパワハラに一人で悩む日々

undefined

パワハラをしてきた先輩は、私に一番身近で仕事を教えてくれることになっていた方でした。いわゆるメンターです。


しかし、私が分からないことを先輩に質問すると、「いや、言われた通りにやってください」などとイライラした様子であしらわれるのはザラな話。先輩がある日、「ミーティングでわからないことはなかった?」と私に聞いたので、「今日は大丈夫でした」と答えると、「〇〇のやり方はまだ教えていないよね?じゃあそれってわからないことでしょ。なんで質問してこないの?」などと揚げ足取りのような怒られ方をしたこともありました。


ある日には別室に呼び出され、「あのときだって…」、「普通だったらね…」などと長々と注意を受けました。今まで、「はい」と「申し訳ありませんでした」しか言わなかった私もそのときにはついに我慢の限界で反論。「『あのときだって』、という言い方で過去のことを怒られても困ります。思ったことはその場で注意していただかないと。それに、『普通だったら』と言われたって、新卒で社会人になったばかりなので『普通』がわかりません」と。それに対する先輩の答えは、「そういう物言いは新人らしくない」でした。


こうして文字に起こしてみると、私の物言いも相当に新人らしくないけれど、それと同等に先輩の発言も答えになっていません。それにこの方の厄介なところは、誰にでもこのように意地悪なわけではなく、相手によって巧みに態度を変え、自分より立場の弱い人をこのように追い詰めるところ。尚且つ、怒鳴ったりするのではなく、じわじわと他の周りの人にはわからないように苦痛を与えてくるのです。


たしかに、その先輩もその人なりに大変だったのだろうと思います。新人育成制度が整っていない忙しい職場で、自分にだけ教える負担がかかっていると感じたこともあったようです。もちろん、仕事を教えてもらったことはありがたいことだし、世の中にはこういう人もいるのだと学べたという点においてはこの経験も無駄にはならない。けれど、もしもその方が退職せず、ずっと意地悪なことを言われ続けていたら…と想像するとゾッとします。


もともと私は、自罰的ではない性格ですが、このときは自分でも驚くほどに自分のことを責めていました。会社に入ったばかりで、何をどれほど出来ているべきなのかも分からず、全ては自分の出来が悪いことが原因だと思っていました。それに加えて、まだ社内の人間関係も把握できていない段階だったので、誰をどれほどして良いのか、誰に相談できるのかもわかりませんでした。


心身を壊す前に、積極的にSOSを。会社員にとってのパワハラ正攻法について

undefined


意地悪な先輩が退職し、精神的な落ち着きを取り戻した私は、今後に備えてパワハラの対策について熱心に情報を集め始めました。ある友人、私にこんなアドバイスもくれています。


「パワハラ上司よりも、立場が上の人か、本社のハラスメント対応センターに連絡するかな。周りにもどんだけ辛いかってのを話しとく。本社のヒアリングとかが入ったとき時に備えて。あと、心療内科受診して診断書用意する。パワハラするような人って一種の病気だし、時代錯誤な価値観で固まってる場合が多いだろうから、無理して立ち向かわず静かに排除する方向で動く」


なるほど、会社員である私たちにはこういった正攻法があるのかと目からウロコ。もちろん、このような手段を取る前に実践できることもたくさんあります。意地悪なことを言われる機会が少なくなるように、かつ周りの信頼を得られるように自分の業務に真剣に取り組むこと。パワハラ上司の言葉に「はい」と返事しつつも真に受けないようにすること。少しでも相手の良いところを見つけようとすることなどです。


しかし、そういった考え方・捉え方をしてもなお辛い場合には、必要以上に自罰的になり心身を壊す前に、会社に所属する人間として然るべき手段を取るべきなのだと思います。


会社員のパワハラ正攻法に関しては、リントス株式会社の代表であり、さまざまな女性のキャリアとプライペートをサポートしている川崎貴子さんのこの記事もとても信頼為になりました。


上司のパワハラは、絶対に耐えてはいけない――“自衛”のための3ステップ【働く女性相談室】


また個人的には、多部署、社外など、様々なところに相談できる知り合いをつくっておくことも重要だと思っています。今回の私もそうでしたが、身近な先輩にパワハラをされても、当時はまだ同じ部署の誰をどれほど信頼して良いのかわからず、相談ができませんでした。


少し距離のある多部署の先輩や同期にSOSを出し、話を聞いてもらったことでだいぶ心が軽くなったことを覚えています。また社外の人であれば尚、気軽に相談でき客観的なアドバイスがもらえる上に、社外の人との関わりは、会社が世界の全てではないということを気付かせてくれるという点においても気が楽になります。要するに、人との繋がりは大切です。


辛い経験を美化しない勇気、無駄にしない賢さ。そしてほかの人に同じことをしない優しさを。

undefined


「会社で働くとは、パワハラのような理不尽なことに耐えることですよ」。なんていう言葉で自分の経験を終わらせたくないと強く思い、今回この記事を書きました。だって今も同じように会社で働いているけれど、嫌な思いは全くしていないし、毎日が楽しいです。


しかし残念なことに、新人は会社でパワハラ被害にあう確率が高いことも事実。事前に対処法を知り、いざというときにしっかりと自身の心身を守れるように備えることは大切です。


パワハラにより私が苦しい思いをしていたのは、振り返ってみるとたったの一ヶ月ほど。しかしその期間はあり得ないほど辛く、長く感じられ、何も有効な手段を取ることができませんでした。この経験を踏まえて今の自分ができることは何だろう、と時々考えます。


現時点での答えはこうです。「自分が受けたパワハラに対して、とても辛いことだったと自身で認める勇気、こういった辛い思いをすることと仕事を覚えることは全く関連がなかったと認識する冷静さ、今後に備えて対処情報を集める賢さ、そして自分は同じことを他の人にはしないという優しさを、常に忘れずにいること」。


生きているといろいろなことが起こるけれど、それをふまえてより勇敢で、冷静で、賢く、そして優しい人になれたらいいなと思います。


長々と書きましたが最後まで読んでくださりありがとうございました。また明日も元気に会社に行ってきます!


この記事は、co-mediaの学生ライター出身者が書いています。あなたも、自身の経験や価値観を発信することで、U-25の若い世代に情報を届けてみませんか?ご応募は、以下のリンクよりお願いいたします。

「co-media」ライターに応募する

この記事を書いた学生ライター

Yukiko Ikeyama
Yukiko Ikeyama
24 ライターに共感したらGoodしよう!

立教大学4年.1年間のドイツのフランクフルトに留学。のらりくらりと強く生きていたいです。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 サマーインターン 教養 就活 海外 アメリカ 留学 女性 インターン 大学生 英語 IT企業 ビジネス 日本 ライフハック TED 勉強 アメリカ留学ブログ 学生旅行 起業 東大 大学
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す