一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

画一的だった働き方が多様化する現代において、これから社会に飛び出す僕たちは、人生の“正解”を知りません。人生の模範解答が存在しない今、僕たちが自らが選んだ選択肢をを正解に導くためにはどうしたらいいのでしょうか?

co-media副編集長・オバラ ミツフミが、各業界のトップランナーにお話を伺い、時代の変化に左右されない「選んだ人生を正解にする力」を聞いていく新連載【#25歳の歩き方】。第二回のゲストは、株式会社インフラトップ代表・大島礼頌さんです。

民間から教育のあり方を変えようとビジネスを展開する大島さんは、「最初の一歩を踏み出せば、人は変われる」と語ります。第一回ゲスト・森本千賀子さんがおっしゃる「目の前の仕事を面白がることが大事」というお話を受け、「目の前に面白い仕事が飛んでくる」ための準備についてお伺いしました。

また、インタビューの最後には、co-media読者限定でプログラミングスクール・WEBCAMPの無料受講権をプレゼントしていただきました。詳細は、記事最下部の応募フォームをご覧ください。


絶好のチャンスは、壁に立ち向かう“勇敢な挑戦者”だけに訪れる

一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


オバラ ミツフミ(以下、オバラ):連載の第一回では、株式会社morich代表・森本千賀子さんにインタビューをさせていただき、「今この瞬間を本気で生きる」ことの重要性について語っていただきました。森本さんのお話を受け、キャリア形成には、目の前にある仕事を面白がり、一生懸命になることが不可欠だと認識しています。


しかし、誰もが「目の前にある仕事を面白がれる」とは、限りません。そこで本日は、大島さんに「目の前に面白い仕事が飛び込んでくる」ための準備についてお伺いしたいと思います。


大島 礼頌さん(以下、大島さん):よろしくお願いします。


僕は「目の前にある仕事を面白がれる」状態を言い換えると、つまりは「目の前の仕事に没頭している状態」だと考えています。失敗か成功かを考える以前に、とにかく行動し、チャレンジをしてみる。すると、「面白い仕事が飛び込んでくる」のです。


オバラ:なるほど。つまり、とにかく没頭することがスタートになると。


大島さん:おしゃる通りです。また僕の場合、「面白い」は「苦しい」と表裏一体の関係にあるとも考えています。例えるなら、ずっと全力でマラソンをしている状態。苦しい状態は続きますが、ランナーズハイになっているので、苦しささえも面白さの一部と捉えられるのです。


オバラ:まさに森本さんがおっしゃる、「今この瞬間を本気で生きる」ですね。苦しさは、面白い仕事ができるための条件でもあると。


ちなみになぜ、「目の前の仕事に没頭している状態」だと、面白い仕事が飛び込んでくるのでしょうか。


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:人生には、さまざまま壁があります。生きていれば、苦しい仕事があったり、難しい局面が訪れる機会が少なくありません。しかしそうした壁は、「乗り越えられる程度のもの」なのです。その人の器に合ったチャレンジしか、目の前にやってくることはありません。その壁を越えようと挑戦し、実際に越えると、次からは壁が少しずつ大きくなっていくのです。


オバラ:苦しくも、超えられない壁が立ちはだかることはないと。そうした壁があること、そしてその壁を越え続けていくことが、「面白い仕事が飛び込んでくる」状態なのですね。


大島さん:その通りです。なので、壁が立ちはだかろうとも、その瞬間を「成長のチャンス」と捉えてください。その機会に全力で立ち向かっていれば、「目の前に面白い仕事が飛び込んでくる」でしょう。


自信を折られた経験が、原点。インターン経験が、根拠のない自信を成長に変えた


オバラ:目の前の仕事に没頭し、壁に向かう苦しさが人を成長させる。また、その成長過程が面白い仕事をしている状態だということが分かりました。しかし、まっさらな状態から何かに没頭するのは簡単なことではありません。大島さんが最初に「没頭する」経験をしたのは、いつ頃のことでしょうか?


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:大学生時代に、インターンをした経験が原点だと思います。週6日、自分の意思で休みなく働いていたのです。当時は「自分ならできる」といった、根拠のない自信がありました。しかし、いざ働いてみると、全く成果が出せなかったのです。


オバラ:そんな時代があったのですね。その経験が、「没頭する」契機なったのでしょうか?


大島さん:そうです。自信を折られた経験が、転機になりました。我流で成果を残すことができなかったので、先輩の教えを素直に実行するようになったんです。疑問視せず、とにかく受け入れてみる。そうやって愚直に行動をしたところ、自分のレベルが着実に上がっていく実感を得られました。


オバラ:なるほど。最初に「インターンをする」という意志ある選択をしたことが、全ての始まりになっているのですね。


大島さん:「没頭しよう」と思って、物事に没頭できるわけではありません。没頭し、目の前に面白い仕事が飛び込んでくる“成長のサイクル”をつくりだすには、まず何かを始めることが大事です。


人間が走っている状態を考えてみると、分かりやすい。速く走るためには、足で地面を蹴ったときの反発力を推進力に変える必要があります。体を前に倒し、それを支えようと足が出てくる。先に前傾するから、早く走れるのです。つまり、「前傾する=何かを始める」ことさえすれば、目の前の仕事に没頭し、目の前に面白い仕事が飛び込んでくる状態をつくることができます。


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


オバラ:とても分かりやすいです!走り出してしまえば次の一歩が出るので、「走り続ける=没頭することができる」のですね。その過程で小さな成功体験があれば、走るスピードも速くなっていきそうです。


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:成功体験によって自信を得ることができれば、走るスピードが変わります。僕の話ですが、新卒で入社した会社では、同期の中で一番学歴が低かったんです。「みんな学歴があってすごいな」とコンプレックスを感じました。


しかし、内定者研修で自分にしか解けない問題があり、そこで自信がつきました。「腕っぷしさえあれば、やりあえる」と思ったのです。


今振り返れば、大学生時代に早くからインターンを始めたことや、たくさん行動を起こしたことが、その結果につながっていたと思います。今では、幼い頃からの夢だった「経営者になる」を叶えられています。


失敗を経験するほど、スーパーマンに近づける


オバラ:「目の前にある仕事を面白がり」、「目の前に面白い仕事が飛び込んでくる」状態に突入した後のこともお伺いしたいです。


たとえば選択肢が同時に二つやってきたとして、そのどちらを選ぶことが自分にとって正解なのかは、分かりません。大島さんの場合、どのような基準で選択をしますか?


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:常に難しい方を選びます。難しくてワクワクする方を選び、思いっきり踏み出すんです。先ほどの「走る原理の話」でいうと、思いっきり前傾する。走り続けるしかない状態を最初につくるようにします。


オバラ:なるほど。でもその分、失敗も増えそうです。


大島さん:僕なんか、学生時代に挑戦したことの大半は、失敗していますよ。むしろ、成功したことなんて何一つなかったのではないかと思っています。ただ、その経験は成長に結びついているんです。


オバラ:成功しなくても、いいんですか?


大島さん:むしろ、常に成功している方が、問題なのではないでしょうか。常に成功している状態は、ともすれば「成功できる挑戦しかしていない」ことの裏返しでもあります。


僕は、「完璧な状態=成長していない」と思っています。壁が高ければ高いほど、自分は過去に成長してきたと考えています。なので、学生の皆さんには、失敗している瞬間こそが「スーパーマンに近づいている」と思ってほしいです。


出来ることで勝負するのは、40歳、50歳の戦い方。今まで培った経験を活かして働くのは、年齢を重ねてからで十分です。若いうちはとにかく失敗し、自分のレベルをあげることに専念した方がいいと思います。


【読者限定】プログラミングスクールを無料プレゼント。人生が加速する感覚を、君に


オバラ:大島さんが経営されるInfratopは、バリューに「人生に没頭しよう」、「チャレンジし続けよう」など、行動を後押しする言葉が掲げられています。社内のメンバーや、サービスを提供するユーザーの挑戦を応援することを心がけていられるのでしょうか?


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:おっしゃる通りです。よく社内では「人生、フルスイングしよう」と声をかけています。また、ユーザーさんにも同じ思いでサービスを提供しています。プログラミングスクール・WEBCAMPは、「プログラミング学習を通じて、誰かの人生を変えること」が目的です。


僕は大学教育の意義が非常に形骸化していると思っています。学生の学習意欲も、教授の教育意欲も低く、魅力的で有意義な場にはとても感じられません。なので、大学以外で学びの場を提供する必要があると思っています。


プログラミングを学ぶことで新しい世界を知り、自分の可能性に気づき、変化していく。WEBCAMPを受講することが一つのきっかけになり、どんどん人生が加速していくような感覚や経験を提供したいのです。


そうした思いで教育業界で事業を展開しているので、普段から学生さんの相談に乗ることもあります。起業家志望の方がいれば、個人的に話を聞くことも少なくありません。もしco-mediaの読者さんに起業家志望の方がいるのなら、僕ができる範囲のアドバイスをしたいとも思っています。


オバラ:素晴らしいですね…。大変光栄です。ただ僕は、起業家志望の方は、自分で前傾姿勢を取れると思っています。なので、なかなか最初の一歩を踏み出せない学生に機会を与えられたらな、と思っています。


一歩踏み出せない若者に、“勇敢な挑戦者”になるためのチケットを贈りたい。大島礼頌が考える「成長の極意」


大島さん:とても賛同します。ぜひ、何かご一緒できれば。たとえば、なかなか一歩踏み出せない学生さんに、WEBCAMPを受講する権利をプレゼントするなど、いかがでしょうか?


オバラ:え…!とても素晴らしい機会になると思います。身近なロールモデルの存在が、人が変化する一つの契機になるはず。なので、実際に変化していく姿を届けることができれば、多くの人に「没頭する」機会を届けられそうです。


大島さん:弊社のビジョンは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語へ」。つまり、「学んで終わり」ではなく、学びによってより良い人生を描ける人を増やしていきたいんです。今回の取り組みによってそうした人が一人でも増えるなら、僕にとっても幸せなことです。


過去の受講生には、もともと内気で、自信がない状態で受講を始めた方がいました。ただ、1ヶ月間で表情がみるみる変化し、今では優良企業で活躍しています。そういったビフォー・アフターを提供できると思っています。


オバラ:大変素敵な機会をありがとうございます。それでは最後に、WEBCAMPを受講したいと考えている学生に向けてメッセージをいただけますでしょうか?


大島さん:人生を変えたいと思っていても、なかなか一歩目が踏み出せない人は多いはず。そういった人の多くは、「本当は挑戦してみたいけど、上手くいかなかったどうしよう」と、ちょっとした不安を抱えているのだと思います。


なので、今日の話を聞いて、少しでも「ピン」ときたら、騙されたと思って応募してみてほしいです。最初の一歩を踏み出せば、人は変われます。生徒さんの人生に向き合う本気度が、WEBCAMPの強みです。必ず、人生を変えてみせます。


co-media × WEBCAMP のコラボ企画として、学習継続率No.1のプログラミングスクールの無料受講権を、読者限定で1名様にプレゼントします。WEBCAMPは「本気でスキルを習得させること」を追求した"Webスキルのパーソナルジム"です。卒業生には、未経験からデザイナー・エンジニアとしてのキャリアを踏み出した方が多数おり、習得したスキルでサービスを立ち上げる人も少なくありません。この機会に、「人生を変える一ヶ月」を体験してみませんか?応募の詳細については、以下のリンクをご確認ください。

【9/30まで】WEBCAMPの無料受講権をゲットする

この記事を書いた学生ライター

オバラ ミツフミ
オバラ ミツフミ
24 ライターに共感したらGoodしよう!

1994年、秋田県出身。co-media編集長。ご連絡はツイッターより。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 サマーインターン 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 日本 ビジネス ライフハック 勉強 TED アメリカ留学ブログ 学生旅行 東大 起業 大学
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す