イギリス大学院入学までのスケジュールと3つのポイント<フツーな私が国連職員になるために~英国大学院留学編Vol.2>

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

「イギリスの大学院に行くにはどのタイミングで何すればいいの?」
という質問を後輩のみなさんからよく受けるこの頃・・・

そんなみなさんの質問に応えるべく、第二回目となる今回は、イギリス大学院留学入学までのスケジュールと、タイムマネジメントのための3つのポイントを紹介したいとおもいます。


イギリス大学院入学までのスケジュール

英国大学院留学編Vol.2 入学までのスケジュールと3つのポイント

イギリスの大学院は秋入学が一般的ですが、願書の提出は前年の9月~翌年6月まで、大学、department、その年の応募状況によって大きく異なります。


イギリスの大学院は基本的に受験がなく、推薦状二通、personal statement(志望動機と自己アピール)、レジュメ、IELTSのスコアによる書類審査が全てです。

一般的に9~10月が早期出願、12月が平均的で、出願が早ければ早いほど審査に有利と言われています。
ビザの申請は入国予定日の3ヶ月前から可能ですので、9月入学をするためには6月に開始できれば理想なわけです。逆算して、5月のIELTS試験でスコアがとれればステキ!ということになります。

理想の早期出願スケジュール

8月:BEOに登録、出願準備スタート
   ※BEOについては後ほど説明
9月:Personal Statement、推薦状準備、IELTS初回受験
10月:出願
11月:条件付きオファー取得(IELTSのスコア、学部卒業のため)
3月:卒業
5月:IELTS最終合格
→無条件オファー取得、CAS申請
6月:CAS取得、ビザ申請
7月:ビザ取得
9月:出発

※CASはConfirmation for Acceptance for Studiesの略で、
入学予定の大学からメールで送られてくるテキストのことです。
ビザ申請の際にCASに記載されている情報を間違いなく入力することが必要となってきます。
これがないとビザ申請のプロセスが始まりません!ので早めに用意することが必要となります。

ここで私のケースを見てみましょう。

8月:GPAのため期末テストと格闘。
9月:ヨルダン、イスラエル、パレスチナに国外逃亡
10月:BEOに登録。
    出願校の検討とIELTSの勉強を始める
    Personal Statementと推薦状二通を準備開始
11月:IELTS本番受験、バンドスコア7.0取得
12月:出願
1月:条件付き合格のオファーをもらう
   (IELTSのスピーキングセクションが満たなかったため条件付きに)
1月~7月:IELTSのスコアを上げようと必死。TOEFLに浮気したことも。
7月13日:プリセッショナルコースの受講を決意。IELTSは免除されることに。
       BEOによるCAS 発行手続きを申請
       ビザの手続きスタート
   29日:CAS発行
8月3-7日:タイへお別れ家族旅行
8月12日:ビザ取得の面接
8月16日:ビザ取得(2万円の優先サービス使用)
8月27日:渡航
8月29日~9月23日:プリセッショナルコース
10月9日~:本コース開始

みなさん、お気づきかもしれませんが・・・
... そう!ギリギリすぎた!!!(゜∀゜)

最後の一ヶ月のドタバタッぷりはかなりすごい。よく間に合いました。
ギリギリすぎたゆえ、ビザ優先サービスを使って2万円以上飛んで行きました。
私のバイト三日分!!!ヽ(;▽;)ノ!!!

以下、そんな私の反省とともにイギリス大学院入学のためのポイント三つ見ていきましょう。

ポイント①無料サービスBEOを利用しよう

BEOは民間で留学斡旋をおこなっているサービスで、社長がイギリス人であることもあってイギリス留学を強みとしています。

利用者は、2万円のデポジットをBEOに支払い、留学が開始されるとデポジットを返還してもらえるので実質無料でサービスを受けられます。
なぜ無料?と思われるかもしれませんが、イギリスの大学院がBEOに斡旋料を支払っているため、利用者としては無料でサービスを受けることができます。
また、ビザ取得代行や、仕事で忙しい人のための出願完全フルサポートなども、オプションの有料サービスとして行っています。


以下、無料・有料サービスをまとめておきます。

無料サービス
・カウンセリングにて志望校の相談
・出願手続き代行
・過去の利用者の出願書類のサンプル閲覧
・personal Statement添削サービス※文法・体裁のみ
・CAS発行申請代行
・各種無料セミナー

有料サービス
・ビザ取得代行
・personal Statement添削サービス※構成、内容
・出願まるごとおまかせ

ただし、注意したいのは、あくまでも無料サービスであるために自分でやらなければならない面も多いということです。
personal statementの添削などは、BEOのサービスは文法や体裁だけの添削になりますので、ネイティブの友人に事前に見てもらうことをおすすめします。
さらに、実際にオファーをもらってからは、BEOを挟むより自ら大学とコンタクトをとったほうがスピーディーかつ確実です。

うまくこれらの無料サービスも活用しながら、自ら主体的に動くことが重要になってくるかと思います。


ポイント②IELTS一筋で計画的に勉強・受験を行う

”アメリカ留学してたくせにまだスコアたりないのか・・・?”

という声が聞こえてきそうですが…笑

言い訳じゃないですが、英語力があってもIELTSの勉強をしないとスコアはとれません!!笑
私の肌感覚では、0.5バンドスコアをあげるのにちょうど3ヶ月かかります。

IELTSは開催回数が多くない上、申し込み締切が早いため、IELTS受験と対策を計画的に行うことが最重要ポイントになってくるかと思います。
私自身、10月に出願を目指していましたが、IELTSの提出が間に合わず12月になってしまいました。

IELTSは受験2、3ヶ月前から予約するのが通常ですが、予約せずにヨルダンにいってしまったのが敗因でした。
秋は特に留学前の駆け込みラッシュで受験する人が多くいるためか、席が早く埋まりやすい傾向にあります。10月出願を目指すのであれば、8月中にIELTSの日程を決定し、受験申し込みをしましょう。

英国大学院留学編Vol.2 入学までのスケジュールと3つのポイント

さらに、私が最後の一ヶ月でビザやらCASやらに追われた最大の理由は、

IELTSで無条件合格をとれなかったためTOEFLへの浮気を繰り返したあげく、IELTSに戻って右往左往していた点にあります。

IELTSを受け続けているとだんだん飽きてくるのはよくわかります。
しかし断言しましょう。浮気はよくありません。

IELTS一筋で計画的に勉強と受験を行う。

これにつきます。

私の場合は、結局、プリセッショナルコースという、アカデミックライティングを学ぶコースの受講でIELTSの受験は免除してもらいました。

オーバーオールスコアが足りていない場合は2ヶ月、オーバーオールは足りているけれど各セクションごとのスコアがどこか足りていない場合は1ヶ月のコースが用意されています。

プリセッショナルコース受講の感想はまた別の記事にてお話したいとおもいますが、英語で論文を書いたことのない人にはIELTSスコアにかかわらずおすすめします。


ポイント③攻めの姿勢でいく!

上記でも説明したとおり、CASの発行がビザ申請に必須なのですが、
2、3日でできるといわれているCASの発行、私の場合は2週間待っても返事が来ませんでした。

①入学予定のDepartmentから無条件オファーをもらう
②CAS発行に必要な情報を送信する
③DepartmentがCASチームに必要な情報を送る
④CASチームが申請者にCASを発行

という流れなのですが、③で止まっていたらしく、いつまでたってもCASチームから連絡が入りませんでした。
ここでおとなしく待っていてはいけません。
1週間たっても来なかったら明らかに忘れられていると思った方がいいです。

私の場合、CASチームにメールを送り、Departmentに早くしろと催促し、この時期毎日のようにメールを送っていました。
こうなってくるともうBEOなんて介してられないので、メールのやりとりは全部自分でやります。

英国大学院留学編Vol.2 入学までのスケジュールと3つのポイント

このように、(イギリスに限った話ではありませんが、)イギリス大学院入学に際しては、待っているだけでは何も始まらないことが多々あります。
ちなみに私の友人はIELTSのライティングスコアが足りなかったにもかかわらず、「ほかのやり方で私の英語力を試してくれ!」と力説した結果、無条件付き合格を勝ち取ったそうです。

以上、三つのポイントとタイムスケジュールを紹介させていただきました。
皆さんはこの三つのポイントをよく抑えて、私の二の舞にならないように計画的なイギリス大学院入学を目指してください!

この記事を書いた学生ライター

Misato
Misato
918 ライターに共感したらGoodしよう!

イギリスのダラム大学で平和構築の修士課程修了後、パレスチナで活動するNGOでインターンをしています。”フツーな私が国連職員になるために。ギャップイヤー編”連載中。 [email protected]<⁄a>

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 アメリカ留学ブログ ビジネス ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す