【たぎる情熱!】吉田松陰の名言おすすめ7選!

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

吉田松陰のことをご存知の方も多いと思いますがたくさんの名言を残していることをご存知ですか?
今回は吉田松陰の名言の中でも特におすすめな7選をご紹介します。

記事ダイジェスト ※クリックで該当箇所にジャンプ
1. 吉田松陰とは
2. 吉田松陰の名言7選
3. 吉田松陰の名言まとめ

吉田松陰とは

undefined (出典:societas.blog.jp)

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。山鹿流兵学師範。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られる。私営の塾「松下村塾」を開き、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者を育てた。
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

吉田松陰といえば松下村塾。松下村塾の門下生としては、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、品川弥二郎、桂小五郎、など明治期を代表する偉人たちがいます。そんな門下生たちに慕われていた吉田松陰はかなり情熱的な人物でした。
黒船が来航した際、周りの人々がただただあっけにとられている中、松陰は潜入を試みています。(結果、失敗しましたが。)その他にも情熱をたぎらせて様々な挑戦を続けました。
わずか29歳で死刑となってしまいその短い生涯を終えた吉田松陰ですが、彼の情熱はその後松下村塾の門下生たちに受け継がれていくこととなります。
自らのことを「狂愚(現実の常識にとらわれないで、自分の信念に従い行動すること)」と形容した松陰はその人生で数々の名言を残しています。
現代に生きる私たちにも人生におけるヒントを与えてくれるかもしれません。

吉田松陰の名言7選

undefined 松下村塾の講義室

1.「宜しく先ず一事より一日より始むべし」

どんな大事を成し遂げようともまずは小さな1歩から、ということですね。吉田松陰ほどの偉業をなしてきた人物が発した言葉ゆえに重みを感じます。

2.「みだりに人の師となるべからず。みだりに人を師とすべからず。」

この言葉はよく一般論として、教師、上司はこうあらねばならない
という引き合いにだされるが、実はそうではない
知識があるとか、品行方正、学術優秀な教師はたくさんいると。
しかし松陰のいう師弟関係とは、国家のために死ねと命令したら死ね。
死ねない人間は弟子になるな。
これに対して弟子も、先生の言うことなら死んでもいいという。
両者の思いがそのレベルで一致して初めて師弟関係となる。
(出典:http://es-keiei.jp/ttp/melmaga/keiei/982.html)

3.「国家とともにという志がないならば、人ではないのである」

少々過激に聞こえる言葉ですが、吉田松陰以外にこれほど国家のことを考えている人がいるでしょうか。

4.「大事なことを任された者は、才能を頼みとするようでは駄目である。知識を頼みとするようでも駄目である。必ず志を立てて、やる気を出し努力することによって上手くいくのである。」

松陰は度々”志”について言及しています。生まれ持った才能や学問で得た知識よりも情熱に溢れた松陰にとっては志の方がはるかに重要だったのでしょう。

5.「平凡で実直な人間などいくらでもいる。しかし、事に臨んで大事を断ずる人物は容易に求めがたい。人のわずかな欠陥をあげつらうようでは、大才の士は、もとめることが出来ない。」

この言葉には襟を正される思いがしますね。大事を成し遂げる人物は他人の粗探しなどしている暇がないのでしょう。

6.「至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり」

松陰の言葉の中でも特に有名なこちら。精いっぱいの誠意で相手に接すれば、それで心を動かされない人はいない。すなわち、人を動かそうと思ったら、まごころを持って、精いっぱいの心で接するべしという内容ですね。

7.「親思う 心にまさる親心 今日のおとづれ 何と聞くらん」

こちらも有名な言葉ですね。刑場で亡くなる直前に詠んだ辞世の句です。親を思う気持ち以上に親は自分のことを思ってくれている。今日死罪となる自分の知らせをどのような気持ちで聞くのだろうか、という内容です。

吉田松陰の名言まとめ

いかがでしょうか?
吉田松陰の名言に関して見てきました。
自分の生き様を考えさせられる名言の数々ですね。
また、吉田松陰は次の世代へ向けて以下の言葉を残しています。

「諸君、狂いたまえ。」

一度きりの人生、狂うほど何かに没頭すべきなのかもしれません。
枠に収まった生き方は安定しているかもしれませんが何も変えることができなません。チャレンジする人がいなくなることを松陰は危惧していたのでしょうか。
頑張っている人のことを「意識高い」と笑っている場合ではないのかもしれないですね。

この記事を書いた学生ライター

Kodai Sakochi
Kodai Sakochi
44 ライターに共感したらGoodしよう!

ベンチャー・ITに興味があります、よろしくお願いします。九州と関西と関東に住んだことがあります。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す