ボストンキャリアフォーラム2016完全攻略で内定をもらおう!

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

海外在住の日本人にはおなじみのボストンキャリアフォーラム(通称:ボスキャリ)ですが最近は国内での知名度も増してきましたね。
今回はボスキャリで内定をゲットする方法に関して紹介していきます。
日本での就活とはやり方が異なるボスキャリについて理解を深め早期内定ゲットを目指しましょう!

ボストンキャリアフォーラムとは

ボストンキャリアフォーラム2017完全攻略で内定をもらおう! (出典:http://uchida-longe-keikaku.hatenablog.com/entry/2014/11/14/150136)

ボストンキャリアフォーラム(通称:ボスキャリ)とは10月中旬、もしくは11月中旬にアメリカ、ボストンで3日間開催される日英バイリンガル向けの就活イベントのことです。
ボスキャリの特徴は3日間の間に企業が学生に内定を出すというスピード感にあります。
海外大学に在籍する学生にとって、日本での就職のチャンスはそれほど多くありません。外資系コンサルや外資系投資銀行をはじめ、商社や日系金融機関・大手メーカー・IT系企業など約200社もの企業が参加するボスキャリで内定をゲットしようと、毎年多くの海外在住学生が参加しています。
対象は以下となっています。

日英バイリンガルで以下のいずれかに該当される方
・日本国外の4年制大学・大学院を卒業予定(もしくは卒業済み)の方
・日本の4年制大学・大学院を卒業予定(もしくは卒業済み)の方で、一年以上の交換留学をされている (もしくは留学された)方
・職務経験をお持ちの方

(出典:http://www.careerforum.net/event/bos/)

日本の大学に通っている学生でもボスキャリには参加できます。(日英バイリンガルである必要はあります。)そのため近年、中には、就活期に日本での就活を行わず、ボスキャリの時期にだけアメリカに渡り就活を終える学生もいます。

またイベントスケジュールはおおよそ毎年以下のようになっています。

1日目、2日目
9:00am 事前参加予約者の受付開始
9:15am 当日参加の受付開始(当日状況により早めに受付を開始する可能性があります)
10:00am 企業セミナー開始
5:00pm 受付終了
6:00pm フォーラム閉場
7:00pm インタビュールーム閉場

9:00am 受付開始
10:00am 企業セミナー開始
12:00pm 受付終了*
3:00pm ブース、インタビュールーム閉場

このスケジュールを見てみると本当に3日で終わってしまうことがわかりますね。

ボストンキャリアフォーラムで内定をもらうための事前準備

ボストンキャリアフォーラム2017完全攻略で内定をもらおう! (出典:www.careerforum.net)

通常ボスキャリに参加する学生は、日英バイリンガルに加え世界的に有名な大学で日々学問に励んでいる優秀な人が多いです。そんな彼らと同じ土俵で就活を行うなら事前の入念な準備は不可欠でしょう。
ここからはボスキャリに参加するにあたって最低限必要な事前準備に関してご紹介していきます。

事前応募は1か月前に済ませておく

9月の下旬ごろになると事前応募を受け付ける企業が出てきます。つまりボスキャリ当日まで約2か月ほど猶予があるわけですが、できるだけ早めに事前応募は済ませておいたほうがベターでしょう。
なぜならこの事前応募で選考に通過した順に面接の枠が埋まっていくからです。「興味のある企業の枠がすでに埋まっている...」とならないためにも早めに動き出しましょう。

ESもできるだけ早めに提出する

ESをできるだけ早めに提出したほうがいい理由は主に2つあります。

1.事前面接に早めに進むことができる

企業によっては事前面接の枠を持っており、ESを通過した学生から順にボスキャリ前に事前面接を行うことがあります。選考をスムーズに進めるためにも早めのES提出が望ましいです。

2.ESの添削が早めにできる

特に日本から参加する学生向けですが、英語でのESには苦戦する方も多いでしょう。何度か推敲を重ねたESを書くためにも早めに取り掛かっておくことをお勧めします。

航空券・ホテルの予約はしっかりと確認する

就活準備に気を取られて航空券やホテルの準備を怠っていては本末転倒です。日本から行く場合はフライトにどれだけ時間がかかるのか、ホテルは会場からどれぐらいの距離か、移動はタクシーを使うのか徒歩なのか、などあらかじめチェックしておきましょう。

ボスキャリで内定をもらう就活生の行動

ボストンキャリアフォーラム2017完全攻略で内定をもらおう! (出典:gakusei-susume.com)

実際にボスキャリ(2014年)に参加した方の1日の流れをご紹介します。

9:00-9:30 某商社1 一次面接
10:00-10:15 某アパレル 一次面接
10:30-10:45 某プラント 一次面接
11:00-12:00 某空間情報 会社説明会&一次面接
12:30-13:00 某商社1 二次面接
13:30-14:00 某ホイスト 一次面接
14:15-14:45 某商社2 会社説明会
15:15-16:15 某化粧品 一次面接
16:30-17:00 某化粧品 会社説明会

会場ではWi-Fiが飛んでいるので、iPadで空いた時間に企業の情報を集めていました。
スケジュールの空き時間ですが、空き時間のほとんどはWalk-Inと次の面接の準備に充てていました。

(出典:https://www.c-colors.co.jp/blog/2015/04/career-forum-5/)

ご覧のように面接は15分のものから1時間のものまで比較的幅広くあります。事前にタイムスケジュールを組んでおくことは必須と言えます。
またボスキャリ当日は、ホテルを出る前の注意点として、ネームバッジ・入場チケットを必ず持参しているか確認しましょう。ボスキャリ公式サイトからダウンロードできますが、毎年持参を忘れる人がたくさんいます。これがないと会場に入ることすらできず、かなりの時間のロスになります。近くにコピー機もあるので発行も可能ですが、事前の準備を忘れないようにしましょう。

ボスキャリイベント中に内定をもらうためにするべきこと

ボスキャリ当日のイメージ

1.初日が最も大事

企業側は

初日で大まかに学生を吟味してふるいをかける。2日目で残った学生に関してさらに詳細に面接を重ねる。2日目のディナーで内定を出す。

といった流れをとります。
つまり、初日に目に止まらないような学生は、その後の2日間で内定が取れる可能性が極めて低いです。初日(特に午前中は)気合を入れてイベントに臨みましょう!

具体的に

・朝は早くに会場に到着しておく
・事前にスケジュール・会場に関して把握しておき効率的に企業を回れる準備をしておく
・面接に想定される質問に対する答えを用意しておく

などを行っておくと良いでしょう。

2.周囲の学生と話しすぎない

上記で述べたようにボスキャリは時間との戦いである部分が多いイベントです。3日で内定が出るということは、裏返すと3日しかチャレンジする時間はありません。初めて会った学生や、もしかしたら久しぶりに会う友人が会場にはいるかもしれません。1万人前後の学生が一堂に会するため、つい周囲の人と話したくなってしまうかもしれません。外国での就活ということで不安に思うこともあるかもしれませんが、時間を意識した行動を心がけてください。
<友人等と話す場合は、ランチ時やホテルに帰ってからの夜の時間を使うように調整しましょう。

3.面接予約を詰め込みすぎない

興味のある企業すべてにアプローチしたいかもしれませんが、面接予約は詰め込みすぎないようにしましょう。面接を詰め込みすぎるとタイムマネジメントがうまくいかないだけでなく、心に余裕がなくなるため本来なら通っていたであろう企業も落ちてしまいます。
ゆとりを持つためにも面接を過度に詰め込むことは避けましょう。

ボスキャリで内定をもらう方法まとめ

いかがでしょうか?
ボスキャリでは事前の準備と当日のタイムマネジメントが重要だということがわかったかと思います。
2017年度のボスキャリも混雑が予想されますが、しっかりとした準備をして内定ゲットへの近道をたどりましょう!

この記事を書いた学生ライター

Kodai Sakochi
Kodai Sakochi
39 ライターに共感したらGoodしよう!

ベンチャー・ITに興味があります、よろしくお願いします。九州と関西と関東に住んだことがあります。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 ビジネス 日本 勉強 ライフハック アメリカ留学ブログ TED 学生旅行 東大 大学 起業
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す