【アシュトン・カッチャー】エンジェル投資家として成功したセレブリティー

Infra プログラミング講座
はてなブックマークでシェアする

映画「バタフライ・エフェクト」や「スティーブ・ジョブズ」に出演している俳優のアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)ですが、実は投資家としても成功していることはあまり知られていません。
日本でも有名なIT企業などにも早くから投資をしているアシュトン・カッチャー。
今回はそんなアシュトン・カッチャーの投資実績に関してご紹介していきます。

アシュトン・カッチャーとは?

undefined (出典:https://inghanaonline.com/ashton-kutcher-and-guy-oseary-launch-sound-ventures-the-successor-to-a-grade-investments/)

アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)は1978年生まれのアメリカ合衆国の俳優です。
映画「バタフライ・エフェクト」では主演を務め、映画自体も大ヒットしました。
また、16歳年上の女優デミ・ムーアとの結婚や離婚などメディアにもよく取り上げられています。そんなアシュトン・カッチャーですが、実はITベンチャー企業への初期投資が成功していることでも有名です。
個人として投資を行うエンジェル投資家であることに加え、シード~アーリステージのベンチャーを対象に投資を行うベンチャーキャピタル「A-Grade Investments」を古くからの友人とともに共同創業してこちらでも投資を行っています。
A-Grade Investmentsの投資分野としてはモバイル領域、アプリ領域、EC領域となっています。

そんなアシュトン・カッチャーがこれまでに投資してきた企業をご紹介します。

投資実績

Airbnb

undefined (出典:http://matome.naver.jp/odai/2141952806818423301)

シェアリングエコノミーの代表格AirbnbにシリーズA、B、Cでそれぞれ7.2Mドル、112Mドル、200Mドルと総額319.2Mドル(約356億円)の投資を行っています。

Uber

undefined (出典:http://sakenomi.blog.jp/archives/68331766.html)

同じくシェアリングエコノミーの分野で有名なUberにも初期投資を行っています。

Foursquare

undefined (出典:http://techcrunch.com/2011/06/24/foursquare-closes-50m-at-a-600m-valuation/)

Foursquare(フォースクエア)は、位置情報に基づいたソーシャル・ネットワーキング・サービスのウェブサイト、携帯電話用ソフトウェア、およびゲーム(位置ゲー)である。

Foursquareはその他にAndreessen Horowitz(米で最も有名なVCの一つ)、モルガンスタンレー、マイクロソフトからも出資を受けています。

Skype

undefined (出典:http://www.skype.com/ja/)

2011年にマイクロソフトによって買収されたskypeにも2009年に投資していました。買収により3倍のリターンを得たと報じられています。
(参照:http://www.investopedia.com/articles/investing/070915/how-skype-makes-money.asp)
その他にも

Flipboard
ニュースやイベントをストックでき、自分だけのメディアフィードを作ることができるアプリ
Duolingo
英語学習アプリ、日本のアプリストアでも上位に入っている。Google Capitalからも出資を受けている。
Clever
学生のデータを抽出し最適な学習方法を提示してくれるサービス。Sequoia CapitalやPaul Grahamといった著名なVC、エンジェルも投資している注目サービスです。
Product Hunt
A-Grade Investmentsからの投資を行っています。毎日新しいサービス、プロダクトを紹介しているプラットフォームサービスです。Y Combinator14期生(著名なアクセラレータープログラム)で先述のAndreessen Horowitzからも調達しています。
Gigster
AIを使ったアプリのアウトソーシングサービスでY Combinator15期生でもあります。Andreessen Horowitzも同様に投資を行っています。
といった企業にも投資をしています。
こうしてみてみるとそうそうたる顔ぶれのポートフォリオですね。

彼は新たな投資先を探すためにも「週に10~20時間は、じっくりと次に来るアプリ探しに費やしている」と述べています。
また、「テクノロジーそのものにではなく、そのテクノロジーで現実世界の課題を解決出来るかどうかで投資を判断する」という確固とした投資哲学を持っているようです。

「最終的にうまくいっている企業とは幸福を追求している企業だ。人々に愛を、健康を、友情を与える方法を発見できたなら、お金は後からついてくるだろう。」

(出典:http://www.forbes.com/sites/timworstall/2013/12/30/the-secret-of-ashton-kutchers-venture-capital-success/#7b5dcdf446c4)

この記事を書いた学生ライター

Kodai Sakochi
Kodai Sakochi
46 ライターに共感したらGoodしよう!

ベンチャー・ITに興味があります、よろしくお願いします。九州と関西と関東に住んだことがあります。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 アメリカ留学ブログ ビジネス ライフハック 日本 学生旅行 東大 大学 ハーバード TED
InfrA ロゴ