【ビットコインを買おうか迷っている方必見!】国内取引所比較

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

最近はFinTechやビットコインが盛り上がっていますが「ビットコインを買ってみたい」と考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は国内のビットコイン取引所をご紹介します。
これを機にビットコインに投資してみてはいかがでしょうか?

記事ダイジェスト ※クリックで該当箇所にジャンプ
1. ビットコインとは?
2. 国内のビットコイン取引所比較
3. まとめ

ビットコインとは?

undefined (出典:http://svjapan.blogspot.jp/2013/12/bitcoin.html)

そもそもビットコインとはなんでしょうか?

インターネット上で流通している電子マネー。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。
(出典:https://kotobank.jp/word/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-189548)

ビットコインの特徴は以下になります。

・中央銀行が存在しない
・送付(送金)手数料がかなり安い
・上限が決まっている

ビットコインにはブロックチェーンという技術が根底に存在します。
ブロックチェーンとビットコインに関して
P2Pでのやり取りはブロックチェーン上に記録されていき、書き換えることはできないので通貨に必要な信用力は担保されることになります。
これにより中央銀行が存在せずとも通貨の流通が可能となっています。
また、ビットコインはアドレスを指定すれば、世界中の誰から誰にでも、即時に、基本的に無料で送金できます。多額の手数料がかかる海外送金に対する解決策としてビットコインが注目されているのはこの性質によるものです。
最後の特徴はビットコインの発行には上限が決まっていることです。
円やドルなど国が発行している通貨は無制限に発行が可能です。(もちろん現実には一定量に抑えられていますが。)
一方ビットコインは、一定量以上絶対に発行されません。これは、ビットコインが誰かの管理下にあって、誰かが発行量を決める仕組みとは違うからです。つまり、ビットコインは、原理上インフレしないということになっています。

以上がビットコインの特徴です。新たな通貨として注目されているビットコインについてより詳細な情報は以下を参考にしてみてください。
誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性

国内のビットコイン取引所比較

ビットコイン取引所とは?
ビットコイン取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が取引する場所(プラットホーム)です。取引所での取引はオークション形式が採用されており、買い手と売り手にそれぞれ売買価格を提示してもらい、オーダーブック(板)が形成されています。また、取引所が指定する口座にお金を振込むことで、ビットコインを購入することもできます。
(出典:https://coincheck.jp/exchange?locale=ja)

coincheck

undefined (出典:support.coincheck.jp)

元々storys.jpというWebメディアを運営していた企業ですが、2014年8月にビットコイン事業に進出しました。国内としてはいち早く信用取引を導入した取引所であり、クレジットカードによる購入も可能です。
「日本で一番簡単にビットコインが買える取引所」と謳っている通り、比較的簡単かつスピーディーに購入ができます。
クレジット決済が可能、インターフェイスが理解しやすい、という2点から初めての方にオススメの取引所です。


Btcbox

undefined (出典:https://www.btcbox.co.jp/)

日本で最大のビットコイン取引所です。
日本で流通しているビットコインの半数を取り扱っています。
ビットコインの取引手数料は無料となっていますが、銀行への出金手数料が出金額の0.5%,最低400円と他に比べ割高です。
<中国人起業家が中国で開発しているサービスなので気にする方は気にするかもしれません。
botを動かして取引量を水増ししているなどの推測をしている方もいますが、今のところ具体的な胡散臭さは見えていません。
(出典:http://lsnewsbox.com/bitcoin)


bitFlyer

undefined (出典:http://bitcoin-matome.info/get/bitflyer/)

2015年1月にはリクルートやGMOのファンドから約1億3千万、8月には三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円の資金調達を行うなど、日本のビットコイン関連会社の中では最も資金力のある企業といえます。

デメリットは取引時間が朝6時から翌日深夜1時までに限定されてしまっていることです。
24時間365日価格が変動するビットコインですから、銀行のように営業時間が設けられてしまっているのはかなりきついですね。
出金手数料は3万円未満のとき540円、3万円以上のとき756円と高め。
bitflyerの特徴はやはり莫大な資金、バックに付いている企業の信頼性です。
営業時間や手数料などの利便性を向上させればbitflyerは将来日本最大の取引所になるのではないでしょうか。
(出典:bitFlyer.jp/ex/Home)


まとめ

いかがでしょうか?
ビットコインは今後さらなる普及が見込まれています。
実際に最近ではビットコイン決済が可能なリアル店舗も増えてきており、一般消費者にも認知されつつあります。
今回挙げた3の取引所の中では、強いて言うなら初心者にはcoincheckをオススメします。
ですが、ビットコインへの投資に興味がある方は全て利用してみてはいかがでしょうか。
(※ビットコインは貨幣であるため取り扱いには気を付けましょう。特に信用取引を行う場合は自分の支払い可能な範囲内でのやり取りを心掛けてください。)



この記事を書いた学生ライター

Kodai Sakochi
Kodai Sakochi
44 ライターに共感したらGoodしよう!

ベンチャー・ITに興味があります、よろしくお願いします。九州と関西と関東に住んだことがあります。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ 日本 ライフハック 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す