人生に必要な12のスキルをマスターする方法 (前編)

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする


仕事や人間関係などを充実させるために身につけておきたいスキルというのはいくつかあります。

人間としての基本のようなものもから、あればより成功に近づくといったようなものまで含めて、前編・後編、それぞれ6個のスキルとそれを身につけるための方法を business insider を参考に紹介したいと思います。

では早速最初の6つをご紹介します。

1. 聞き上手になる

話すことは人間関係を築く上でも、また仕事をする上でも必ず必要になるスキルです。しかし、なかなか聞き上手になるのはむずかしいとも言えます。そういった時にする方法はつまり「黙っておく」ことなのだそう。意識的に「聞こう!」と思うより、「今は静かに黙っておこう」と思う方がよいのだそう。Listen(聞く)という言葉とSilent(静かにする)という言葉は同じアルファベットで成っていますからね。

2. 公共の場で話す

これは仕事やサークルなどでも使いそうなものです。よく緊張すると「緊張しないでおこう。リラックスしよう」と言い聞かせる人も多いですが、ここですべきことは自分のスピーチの中で「楽しんでいる」というようなことを言葉にして表すことなのだそうです。「楽しんでいる」というような言葉を入れたスピーチを行った人はより説得力があると捉えられた結果もあるのだそうです。

3. 時間(予定)の管理

「成功者とそうでない人の違いは、成功者はほとんどの事に“ノー”ということである。自分の時間を他人の時間より優先するからである」とウォーレン・バフェットが言うように、頼まれごとなどを何でも受け入れるのではなく、ノーと言い、自分の事に重きを置くことも大切です。

4. 正直さ

友人関係などで本当の事を言いにくいときや、仕事などで先輩や後輩に物事を率直に言いにくいときが多々あると思います。Facebookのシェリル・サンドバーグはそういった状況でも100%正直になるべきだと言います。何でも正直に言うことは結局その人を助けるという事になります。それをお互い理解していれば人間関係に傷はまったくつかないということです。

5. 物事を後回しにしない

これは何歳になってもあることだと思います。しかし、原因が分かっていない人がほとんどなのです。物事を後回しにしてしまう人の原因というのは多くの場合「完璧を求めているから」なのだと言います。完璧を求めるあまり、「もっと時間がある時に・・・」と後回しにしてしまうケースが多いのだとか。そこで、その癖をやめるために「完璧でなくてもいい」と思うことが大切なのだそうです。

6. 助けを求める

悩みがある時、友人や家族、または答えを持っていそうな人に助けを求めることはよくあると思います。そんな時しがちな失敗が「もともと成功している人にアドバイスを求める」こと。本当にすべきなのはゼロから成功までたどり着いた人にアドバイスを求める事なのです。

以上、12個の身につけたいスキルと身につけるための方法の前編でした。いかがでしたか?

まだまだこれから身につけなければいけないな・・・というものもいくつかあったと思います。後半も呼んでいただき、是非参考にしてみて下さい。

(画像引用元:flickr)

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す