中国で誘拐事件。誘拐された13歳の少年がアクション映画を真似て脱出。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

中国のフーシンという郊外の村で13歳の男の子が誘拐されるという事件が起こりました。
その男の子は犯人によって誘拐され、どこかの家に連れられたあと、手足を縛られ顔にはプラスチックの袋のようなものをかぶせられ、身動きがとれないようにされてしまいました。

しかし、この男の子はこの状態で自力で脱出し、助かることができました。一体どういうことなのでしょうか。

BUSINESS INSIDERによると、この男の子は今年の9月24日、一人で道を歩いているときに犯人によって誘拐されてしまったのだそうです。
その後犯人によって廃墟に連れていかれ、手足を縛られ顔に袋をかぶせられた状態で寝かされていました。キッドナップ3キッドナップ4(出典:http://www.businessinsider.com/)

そのしばらくした後、彼は足音などから犯人が家を出ていくのが分かったのだそうです。それが逃げるチャンスだと思い、彼は手足を縛られた状態で一人でどうやって脱出するかを考えました。

そこで思い出したのが彼が以前見たことがあるアクション映画だったのです。彼と似たような状態だった役者が映画でしていたことを思い出して、彼も同じことをすれば脱出できるのではないか、と思ったのだそう。

彼は映画で俳優がしていたように、起き上がり、しゃがんだままジャンプをして外まで頑張って出ていきました。
そして、外に出た彼を見つけたバイクに乗った男性が彼を保護し、警察に連絡したのだそうです。

この男性に助けられたことにより、男の子はなんとか無事でした。

現地のメディアによると犯人は警察によって拘束されたそうですが、なぜ彼を誘拐したのかなどはまだ分かっていないそうです。

誘拐されたのはもちろん彼にとっては不運なことでしたが、彼が映画の内容を覚えていて、またそれを実際に実行しようと思えた事が幸運でした。
もしかすると、日頃読んでいる小説や映画などがいざという時役に立つことがあるかもしれませんね。

そして原因が分からない今、何とも言えませんが急激な経済成長により貧富の差や部族闘争などが激化してきた中国の情勢もこういった小さなニュースから見えてくるのかもしれません。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す