一般男性がGoogle.comのドメインを1分間購入。その後Googleから賞金が送られていた!

Infra プログラミング講座
はてなブックマークでシェアする

インターネットも今では街のようになっています。私たちが家を買うときにお金を払うように、インターネット上で居場所を作るのにもお金が必要です。

Google.comもその仲間です。Googleと聞いて今では知らない人はいないほど。何かを調べるとなればGoogleですぐに検索する、という人も多いと思います。
それほど世界で莫大なアクセス数を誇るGoogle.com。BUSINESS INSIDERによると、つい最近、そんなGoogle.comのドメインを1分間だけ購入した一般男性がいるといいます。

果たしてこれはどういったことなのでしょうか。

サンメイ・ベッドさんはずっとGoogleのファンだったそうで、Googleのドメインが売りに出るのをずっと待っていたそうです。

すると今年の9月29日、ついにそのドメインが売りに出ていることに気付いたのだそう。そのアカウントはなんと12ドルで売られており、Googleが売るのをキャンセルするまでの1分間だけ彼はこのドメインを手にすることができたのだそう。
そこで気になるのはGoogleのドメインを持つことででる収益についてですよね。

しかし、これはあくまでアクシデントだったため、一分間Googleのドメインを持つことで得た収益は彼のもとに渡らないことをGoogle側は彼に告げました。

すると彼は「お金のことなんてどうでもいいんです。お金のためにしたのではありません。もし仮にお金をもらっていても結局チャリティーにまわすつもりでしたから」と答えました。グーグルドメイン2(出典:http://www.businessinsider.com/)

全くお金を渡す気がなかったGoogleが、彼が募金に使うつもりだったという話を聞いて彼に「ドメインを買うことが出来た(買うまでに努力した)賞金」という名のもとお金を出したのだそうです。

Googleはいつもこういったようにアクシデントやミスを起こして一般人がそれを発見すると、発見した賞金のようなものを払う事があるのだそうです。
彼の場合は、無理だと思いながらもドメインを買える瞬間をずっと探していたからこそ巡り合えたチャンスだったのですね。

そして、彼は受け取った賞金をインドのチャリティー団体に寄付することに決めたそうです。その団体はスラムのような貧しい場所に教育の機会を与える為の団体なのだそうです。

彼はインタビューでGoogleからどれくらいの賞金を貰ったのか聞かれ、詳しい値段は答えなかったものの少なくとも1万ドル以上だということを明かしました。

そして彼がこの団体に寄付することを決定したことを聞いて、Googleはさらにこの賞金を倍にすることを申し出たそうです。彼が募金した団体の他にも、インドにある他の団体に寄付ができるようにというGoogleの意欲であり配慮が見えます。

自身のセキュリティを高めるため欠陥を見つけた一般人に報酬を出すGoogle。そしてそういった欠陥を色々な理由で探している人たち。今回のこの件でその中にはこういったストーリーがあることが分かりました。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
357 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 アメリカ留学ブログ ビジネス ライフハック 日本 学生旅行 東大 大学 ハーバード TED
InfrA ロゴ