家族を救うための脱北計画。多くの人を苦しめる残酷な北朝鮮の内情。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

社会活動家であるイ・ヒョンソ氏は北朝鮮で生まれました。彼女は「北朝鮮が世界で一番良い国だ」と信じ、自国を誇りに思い “何も羨ましくない”という歌を歌って、幼少期を過ごしました。そんな彼女がなぜ、そしてどのように脱北を企て、中国と韓国へ逃亡したのか、その真相をTEDで語りました。ノース・コリア(出典:http://www.ted.com/)

 

7歳の時に見た公開処刑

イ・ヒョンソ氏は学校で金日成の歴史についてたくさん教えられましたが、アメリカと、韓国と、日本が敵国だということの他は、外の世界についてほとんど何も習いませんでした。

7歳のとき、初めて公開処刑を目の当たりにし、衝撃を受けた彼女。それでもまだ、北朝鮮での生活は至って普通だと思っていた1995年のある日、母親が同僚の妹から届いた手紙を家に持ち帰りました。

手紙には、「これを読む頃には私たち家族はこの世にいないでしょう。なぜなら私たちはこの2週間何も口にしていないからです。私たちは床に寄り添って寝ていますが、衰弱しきっていて、ただ死ぬのを待つだけです。」と綴られていました。

 

向こう側の明るい世界

1990年半ばに北朝鮮はひどい食糧不足に陥り、100万人以上の北朝鮮人が命を落とし、生き残った人の多くも草や虫、樹皮などを食べて生き伸びました。停電も頻繁に起こり、夜になると彼女はいつも『なぜ向こう側の中国には光があってこちら側にはないのだろう』と不思議に思っていたのでした。

北朝鮮と中国の国境の一部にはアムノッカンという川があり、北朝鮮から中国へ渡ることが可能です。しかし脱北を試みる人の多くがそこで命を落とし、彼女は川に死体が流れる様子を何度か見たことがありました。そんな命の危険を冒し、飢餓が最もひどかった時期に彼女は中国に住んでいた遠い親戚のもとで暮らすよう中国に送られました。

 

脱北者=不法移民。捕まったら強制送還。

ある日、彼女は何者かに通報されて中国警察に逮捕され、警察署で尋問を受けたのです。警察は彼女の中国語のスキルを試そうと、膨大な量の質問をしてきました。全ての質問が終わったあと、一人の警察官がもう一人に向かって、「この通報は間違っていた。彼女は北朝鮮人じゃない。」と言ったのです。こうして彼女は奇跡的に解放されました。

脱北者の多くは中国にある外国の大使館に逃げ込もうとしますが、そのほとんどが中国警察に捕まり強制送還されます。北朝鮮に戻された人たちに生きる場所などありません。イ・ヒョンソ氏は10年間中国で自分の正体を隠し続けた後、今度は韓国に逃げ、人生をやり直すことにしたのです。

 

家族を救うための脱北計画

韓国での新しい生活に慣れ始めていた頃、彼女の元に衝撃的な電話がかかってきました。家族への送金を、北朝鮮政府が突き止めたのです。その結果イ・ヒョンソ氏の家族は北朝鮮の田舎の貧しい地域に強制的に移住させられたのです。彼女はすぐに家族の脱北を計画しました。

脱北後の移動はバスで1週間かかり、イ・ヒョンソ氏と家族は何度か捕まりかけました。一度バスが止められ、中国人の警察官が乗り込んできて全員のIDカードを集め、一人ひとりに質問し始めたのです。

もちろん家族は誰も中国語を話せなかったため、警官の質問に答えられるわけがありません。しかし、警察官が近づいた瞬間にイ・ヒョンソ氏は席を立ち上がり、『この人たちは耳が不自由で、私は彼らの付添人です。』と話し、逮捕の危機を免れたのでした。

 

命の恩人

北朝鮮から直に韓国への入国することが非常に困難なため、彼らはまずラオスを目指しました。国境までたどり着き、ラオスの国境警備兵に賄賂を払うために所持金をほとんど使い果たしたのに、国境を過ぎたときに家族は国境を違法に越えたと逮捕され、投獄されてしまいました。

賄賂や罰金を払うお金が完全に底をつき、家族を韓国まで連れて行くのは絶望的だと嘆いていたイ・ヒョンソ氏。その瞬間、「お困りですか?」と見知らぬ男性が彼女に声をかけたのです。イ・ヒョンソ氏は辞書を引きながら、英語で状況を説明しました。

すると男性はATMへ向かい、家族とそれ以外にも2人の脱北者のために釈放金を払ってくれたのです。彼女は「なぜ私を助けて下さったのですか?」と尋ねました。それに対し男性はこう答えました。「あなたを助けているのではありません。北朝鮮の人々を、私は助けているのです。」

イ・ヒョンソ氏たち脱北者の存在は、北朝鮮に残った外の世界を知らない人と、北朝鮮の実態を知らない外の世界をつなぐ橋渡しとなる重要な存在です。彼らが北朝鮮にいる人たちと連絡を取りつづけて情報や資金を与えることで、北朝鮮という国を中から変えることが期待できるからです。

いま出身国別で世界最多となった400万人を超えるシリア難民をいかに支援すべきか、国際社会の協力と理解が問われています。シリアは日本から遠いため、私たちには関係のない悲劇だと考える人も多いかもしれません。では北朝鮮からの脱北者に関してはどうでしょう。日本の隣の国で現在行き場所を失っている難民に関して、あなたはどう考えますか?

My escape from North Korea By Hyeonseo Lee 「北朝鮮からの脱出」 By イ・ヒョンソ

この記事を書いた学生ライター

Moe Takenaka
Moe Takenaka
47 ライターに共感したらGoodしよう!

アメリカ極寒の田舎で4年半国際ビジネスを勉強してました。卒業後アメリカ南下を目指すも失敗し、北上してさらに極寒のシカゴで働いてます。これは!と個人的に思った海外記事を発信していきます☆ 

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 サマーインターン 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 日本 ビジネス ライフハック 勉強 TED アメリカ留学ブログ 学生旅行 東大 起業 大学
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す