”朝はゆっくりしたい・・・”という方へ。「大事なことは朝にやれ」と言われる理由とは。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

成功のための秘訣について書かれた本や記事で、早起きをしたり、早起きをして何かを行う事を薦めているものはとても多いと思います。

早起きすることはまだ分かるとして、早起きしてゆっくり過ごすだけではいけないの?と思ってしまう人も多々いるでしょう。

わざわざ朝早起きして何かをしなければならないなんて・・・なぜ昼や夜でなく朝しなければいけないのか。

今回はよく言われる「大事なこと(習慣)は朝にやれ」ということの理由について、BUSINESS INSIDERをもとに考えていきたいと思います。モーニングハック(出典:http://www.businessinsider.com/)

まず、一番の大きな理由は朝という時間が静かで、精神的にも一番落ち着いているため集中しやすく、物事を効率よく進められるという点があります。

車などもあまりなく、人通りも少ない。そんな静かな環境の中での作業はとてもはかどること間違いなしです。

そして、「大変な事を最初にやっておく」というタイプの人もとても多いはずです。そういった人には更にもってこいですよね。

一日の始めに眠たい自分と闘いながらしなければいけないことを終わらせてしまう。 そうすると達成感もあり、それからの1日の間になんでもできるような気にもなってきます。

朝のうちに大きなことを成し遂げておくことで、それからの1日の過ごし方にも良いように影響してくるのです。

そしてこの朝の時間を使って、自分の目標に繋がる何かをすることはもっと効果的なのだとか。

例えば、ダイエットをしたいと思っている人ならば朝にウォーキングをする習慣を作る、朝ごはんを丁寧に、健康的に作るようにするなどが考えられます。

その他にも、ビジネスを始めたい人は朝の決まった時間に仕事や調べものをする時間を作る、もっと落ち着いたり、リラックスがしたりしたい人は毎朝座禅を組む習慣を作るなど、目標に合わせて毎朝何かをするという習慣を作るとよいそうです。

そしてそれに慣れてくると、たった一つの習慣だけでなく、朝にウォーキング、日記を書く、ヨガ、などというようにいくつもの習慣を流れのようにして行う習慣をつけられるようになるそうです。

もちろん、「夜行性」だと語る人々がいるように、人それぞれに集中できる時間などがあります。 夜遅くが一番集中でき効率も上がる、という人がいてもおかしくありません。

しかし、ほどんどの人は朝がマジックタイムなのだそうです。

現代人は特に、夜遅くまで仕事をしていたり、夜遅くまで眠たくならないといったような体質になってしまっている人も少なくないと思います。

そういった体質を改善する為にも、そして何より目標を達成するための一歩として朝に何かをする習慣を心掛けることが大切だということです。

みなさんも、ぜひ一度試してみて下さいね。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
342 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す