テイラー・スウィフトの「Bad Blood」がVMA2015”ビデオ・オブ・ザ・イヤー”を受賞!

EF 留学体験が無料で当たる
はてなブックマークでシェアする

VMA2015でのビデオ・オブ・ザ・イヤー、つまり年間最優秀ミュージックビデオが発表されました。

しかし、VMAの場でビデオ・オブ・ザ・イヤーが発表される前に、司会が「もう皆さんも分かっていますよね・・・」と言うほど、たくさんの人の中でこのビデオが一番だと思われていたそうです。

そのビデオとは、テイラー・スウィフトの「Bad Blood」。

まず、このビデオは公開されてから既に5億回もの閲覧回数を誇っており、これはあり得ない数字です。100万回程再生されればスゴい、と言われるような世界で、5億回という桁違いの再生回数を誇っています。

その理由として忘れてはならないのが、このビデオの豪華キャスト陣。テイラー・スウィフトと親交が深いとされる18人の豪華すぎるキャストが出演している事でも話題を呼んでいます。

そういった事情もあり、このビデオに掛かった製作費もとんでもないという噂があります。セットやCGだけではなく、テイラー・スウィフトの仲間たち、要するにハイレベルなキャスト陣を揃えるとなると多額な費用が必要となったのでしょう。

そんな「Bad Blood」のビデオがこちらです。

このビデオの中ではテイラー・スウィフト本人を含め、彼女と親交が深いとされる豪華キャスト達が戦士となり、訓練をしながら戦っていく、というストーリーです。見ていると「強い女性」というイメージを感じさせるものがあります。

このビデオを見て、いつもとは少し違うテイラー・スウィフトの姿も見られたのではないかと思います。

THE VERGEによると、そんななか行われたVMAの授賞式では、彼女のミュージックビデオに登場した豪華キャスト陣も壇上に上がりともに受賞を喜びました。

モデルのカーラ・デルヴィーニュをはじめ、同じくモデルのカーリー・クロス、ヘイリー・ステインフェルド、ジジ・ハディド、そして女優であり歌手でもあるセレーナ・ゴメスなどたくさんの仲間が姿を現しました。

テイラー・スウィフトは受賞のインタビューで、「2015年、男の子がプリンセスになることができ、女の子が戦士になることもできる。そういった環境を私はとても楽しんでいます」とコメント。 一緒に同席した仲間もそれを嬉しそうに聞いていたそうです。

近頃、先日の記事でお伝えした「百貨店・Targetの男の子・女の子用のおもちゃの販売」など、ジェンダーに関する議論が増えてきています。 そういったことも含めてのコメントだったのでしょう。「Bad Blood」のビデオの中で彼女たちが演じる戦士にはそういった意味も込められていたのですね。

皆さんも一度このミュージックビデオをご覧になってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
375 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス ライフハック アメリカ留学ブログ 大学 東大 学生旅行 日本 TED ハーバード
Infra ロゴ