検索したらオファーが来た!?Googleが行った驚くべき採用方法とは?

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

Googleと聞くと、世界中で知らない人はいません。人々が検索に使うものはGoogleが多いと思いますし、そのスピードや正確さはもちろん、おもしろいアイデアなどもたくさん含まれていて人々を飽きさせませんよね。

そんなトップの企業だからこそ、Googleに就職するのは至難の業です。たくさんの問題を解決したり、面接をクリアしなければ就職して従業員として働くことはできません。グーグルHRー Google創業者 ラリー・ペイジ (出典:http://www.businessinsider.com/)

そんななか、BUSINESS INSIDERによると、最近Googleに入社したイェール大学出身の数学者であるマックス・ロゼットという学生が、驚くべき方法でGoogleに入社したことを明らかにしました。

彼のGoogleへの入社は、Googleに入る数か月前に彼があるキーワードを検索したことから始まりました。

彼がタイプしたのは「python lambda function list comprehension」というプログラミングに関する言葉だったそうです。

これをGoogleで検索した時すぐに「あなたは私たちが使っている言葉を理解しているようです。挑戦してみますか?」 というGoogleからのメッセージが現れたのです。

彼は興味本位で画面上に会った水色の「I want to play」と書かれたボタンを押しました。

そうするとパズルのようなものが登場し、コードなどを分解しないと解けないような問題が出てきたそうです。

Googleからの挑戦は、これらのプログラミングのパズルを48時間以内に解くことでした。 しかし、彼には2日も必要なく、たった2,3時間で解けてしまったそうです。

パズルを解けばまた新しいパズルが出てくる仕組みで、彼は夢中になって解き続けたそうです。 その結果、2週間もの間に5つものプログラミングパズルを解くことに成功したそう。

そして、続けて出てきた6つ目のパズルを成功させたとき、彼の個人情報などをGoogleに送るように要請がきたのだそうです。

その後、Googleからメールが届き、電話が掛かってきて、なんと面接をする流れになったのだそうです。

そしてGoogle本社へ行き、また問題解決の問題などをうまくこなした3か月後、彼は新入社員として迎え入れられたそうです。

今回の彼のインタビューで初めて明らかになった「秘密」の採用作業。 彼が何の気なしに検索した一言から、Googleへの採用までの道が開かれていったわけです。

そして彼は、「Googleはこの機能を使って私がどこにも応募する前にうまく私を見つけてくれた。そして、採用作業の間も、私がGoogleにとって大切だということを常に感じさせてくれていました。」とコメントしています。

普段何気なく使っているgoogleから、こういったように採用につながるすごいケースもあることが今回のインタビューで分かりました。

夢のような話ですが、奇跡を思い知らされた瞬間でした。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
342 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す