ロンドンの街中で”目隠しと下着だけの女性”が現れる。彼女が世の中に伝えたかったメッセージとは?

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

Mashaleによると、今年8月イギリス・ロンドンの街中で女性が目隠しと下着だけの姿になり、歩いている人に彼女の体にハートを書くように求める運動をしたそうです。

街中で突如目隠しと下着姿だけになった女性を見かけたらびっくりしますよね。
そんな彼女のこの運動の意味とは何だったのでしょうか。そして周りの人の反応はどのようなものだったのでしょうか。

彼女は突如ロンドンの街中で服を脱ぎ、目隠しをして、一枚の紙を持って立っていたそうです。その紙には

「この運動は私のように摂食障害がある人や自分に自信がない人のためにしています。自己受容、つまり”ありのままの自分でいいのだ”と思うことに賛成してくれる人は私の体にハートを書いてください。」

と記してあったそうです。

果たして彼女の体にハートを書く人は現れたのでしょうか?

彼女が実験を始めて最初の数分間は誰も彼女に近づこうとしなかったそうです。
しかし、実験を始めて少し経ったときから一人また一人と彼女に近寄っていき、どんどん彼女の体にハートマークを書いていったそうです。

この実験後、彼女は自身のブログでこの実験を振り返る記事を書きました。
その記事の中で彼女は、実験中最も記憶に残ったことについて記しており、

「この実験の中で私が最も感動した瞬間は、あるお父さんがこの実験について子どもに説明していたのを聞いたことです。子どもは率直に、父親に私が何をしているのか聞いていました。そして父親は子どもに向かって“人々は皆、生まれたままの自分を愛するべきなんだよ。どんな見た目であってもどんな体型であっても、ありのままを受け入れ愛するべきだ”と答えました。それを聞いた私の心はとても温まりました。そして、こういった子どもたち世代が、問題意識を持ってしっかりと認識しながら年を重ねていくのだと思うと、嬉しい気持ちになります。」

と語っていました。重ねて、彼女は、

「もし、この世界中の皆が自分自身のありのままの姿がどれだけ美しいかを分かっているとするならば、世界はもっと素晴らしい場所になると思います。」

とコメント。

そういった考えを広めるために行った今回の運動。ロンドンの人だけではなく、結果的にたくさんの人に知られる機会となりました。考えるだけでなく、彼女のように行動に起こせるようになりたいですね。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
346 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ 日本 ライフハック 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す