明確な目標に近づくために。若手CEOが明かす20代で目標を達成するための秘訣とは。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

目標を設定し、それを確実に達成することは簡単ではありません。特に、近頃の若者はそう感じる人が少なくないと思います。就職難などで押しかかるプレッシャーもあり、余計と何か成功しなければいけないような気がすると思います。

そんな時、成功という漠然なものに向かって努力することは簡単ではありません。成功するための方法を探してさまよっている人もたくさんいると思います。

そこで今日は、あるCEOの20代で成功するための少しユニークな秘訣をご紹介したいと思います。

Catholic Health Initiativesという機構のCEOをしているケビン・ロフトンは「成功」を実現するための秘訣があると言います。

ニューヨークタイムズ紙とのインタビューで、彼が「今の大学生や大学を卒業した人にしたいアドバイスはありますか?」と聞かれた時、彼はこう答えました。

何も書いていない白い紙と封筒を用意し、その紙に自分の一年後までの目標やそれについてしなければならないことを書く、そしてそれを封筒の中にいれ、開かないようきっちり封をして一年後まで保管しておくそう。ゴーーール(出典:http://www.businessinsider.com/)

ここで大事なのは、これはあくまで自分しか見ないということです。 自分の親も、友達も誰もこれを見ることはありません。自分以外誰も見ることはないし、自分以外誰も内容を知ることはないということを心に留めて書くことが大切なのだそうです。

そして、一年後それを開け、この一年で自分がどれだけその目標に向かって忠実に行動できたかを自分自身で評価するのだそう。

このエクササイズは一度や二度ではそこまで効果はわかりません。しかし、毎年続けてやっているとだんだんモチベーションもつき、目標達成に近づくのだとか。

これをすることによって自分の目標ともう一度向き合う事もできますし、それに向かって何をしていくべきかということもまた考え直すよいきっかけになると思います。

タイムカプセルを開けるとき、わくわくしていたという気持ちをよく覚えている人も多いと思います。 それに近いもので、開けるときに自分がどれだけ目標に近づいたか、どれ程努力してきたかを考えるのも楽しいですよね。

タイムカプセルを埋めるときの様な気持ちで、ぜひぜひ皆さんも一年後の自分に目標を示す手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
341 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す