競合が日本上陸!?学生がApple Musicをダウンロードすべきでない理由とは?

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

つい最近発表され話題になっているApple Music。Appleから発表されてすぐに世界中でダウンロードされた新しい音楽配信サービスです。

自分が持っている音楽を管理したり、Appleが配信するラジオを聞いたり、Apple Musicが選んでくれた私たち一人ひとりに合わせた音楽リストを聞くことができたりと、そのたくさんの機能から早くもファンが多いとされています。スポティファイ2無料お試し期間が過ぎた後は1か月9.99ドルで利用することができ、その他1か月15.99ドルで家族のメンバーとシェアして使うこともできます。
これだけの機能を兼ね備えているシステムですから9.99ドルでも安いじゃないか!と思う人もたくさんいると思います。

しかし、BUSINESS INSIDERによるとこういった音楽配信サービスに学生は1か月に9.99ドルも支払うべきではないといいます。
一体なぜなのでしょうか?Apple Music以外に更によいサービスがあるのでしょうか?

確かに、Apple Musicは他の音楽配信サービスと違いTaylor Swiftの曲が配信されていたり、24時間配信されているラジオのサービスなどもあります。

しかしそれでも、学生がここまで支払うべきではないといいます。

そんなApple Musicの対抗馬として紹介されているのがSpotifyというアメリカ発祥の音楽配信サービスです。

SpotifyもApple Musicのようにたくさんの機能をもつ音楽配信サービスとして知られています。
そして、なんといっても驚きなのはその値段です。
1か月9.99ドルのApple Musicに比べSpotifyは学生なら4.99ドルで利用できます。しかもこの4.99ドルという値段は1年分の利用料なのです。

SheerIDというソフトウェアを使い、学生かどうかを判断し、学生であると判断されるとこの低価格でSpotifyが利用できるそう。

ただ一つ残念なのは今の時点でSpotifyは日本では利用不可能だという事です。
長い間、アメリカでは他の音楽配信サービスよりも一歩先を歩く存在だったにも関わらず日本へはずっと上陸していませんでした。

しかしつい最近、Spotifyが日本での配信サービスを開始するかも知れない、というような噂も立っています。スポティファイ(http://iphone-mania.jp/news-75208/)

もし近々日本での配信開始ということになればとても楽しみなニュースですね。

アメリカでは既にApple MusicとSpotifyの対決が注目されていることもあり、日本に上陸しても二つの音楽配信サービスの戦いが起こりそうです。
もし上陸することになれば、2大音楽配信サービスの対決から起こるであろう音楽業界の新しい動きにも是非注目したいですね。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
342 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す