現代の若者はマルチタスクが多い!1つのことに集中するために必要な「3つのコツ」。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

学校、アルバイト、課題、遊び、と私たち学生にはやることが本当にたくさんありますよね。 忙しいとき、勉強しながらメールの返信をしたり、はたまた課題をしながら他の課題をしたりと、一度にたくさんのことをしなければいけない状況に陥ることがよくあると思います。

こういった風に、現代の若者である私たちは「マルチタスク」をよくすると言われています。 しかし、このマルチタスクの弊害はIQを劇的に落としてしまうだけでなく、集中力がなくなることも挙げられます。

いくつものことを一度にやる状況が続くことで、一つ一つに対する集中力が無くなっていってしまうのです。

そんなマルチタスク世代の私たちが知っておくべき、忙しいときにこそ集中力を上げる3つのコツを、Entrepreneur よりご紹介します。シュウチュウ!

 

1. 頭を使う作業を最初にする

手元にやることがたくさんあるとき、私たちはよく簡単で手間のかからないものから始め、頭が慣れてきたと感じるころに難しく、頭の使う作業をしようと思いがちですよね。簡単な作業を終えて脳をウォームアップさせてから難しい作業をする、というロジックでしょう。

しかし、「どんなに簡単な作業をしようと、脳は疲れます。よって簡単な作業から始めると、難しい作業をするときにはすでに脳は疲れ切っているんです」と脳に関する本の著者であるデイビッド・ロックは言います。

よって、脳にエネルギーが備わっている最初に難しい作業をする方が集中力もあり好ましいそうです。

 

2. 集中する時間を決めて実行する

デイビッド・ロックさんによると、人間が一週間に集中できる時間はなんと、たったの6時間だそうです。一日ではありません。一週間に、です。

そしてその6時間の多くは、早朝や深夜が多いのだそう。 よって一日のはじめと終わりの最も集中できる時間に何をするかを考え、実行することが大切だと言います。 また、90%の人は仕事場の外でアイデアを思いつく傾向にあるのだそうです。 こういった情報をもとに、いつ、どこで、何をするかを考えるのが得策でしょう。

 

3. 心を鍛える

どれだけやることがあってもできない時があるのは、ずばり心の影響です。 心が「やりたくない」「休憩したい」と言っていれば自分がそれに負けてしまうかもしれません。

そこで、集中するには心を鍛えることが必要なのです。 いきなり頑張りすぎると疲れるので、まずは小さいことから始めます。例えば、 「携帯やテレビを消して、5分間一つの作業に集中する。」こういったことでいいのです。

自分の心を甘やかしすぎずに、しかし厳しくしすぎずに、少しずつ慣らせていくことが大切なのだそうです。

 

 

頑張りすぎないことが一番ですが、どうしても頑張らなければいけない時にこれらのコツを使ってみてください!

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す