十分な睡眠をとろう!最も重要なのは”就寝10分前”の過ごし方!

Infraプログラミング講座
はてなブックマークでシェアする

近頃、「昨日十分な時間眠れましたか?」という質問をすると、半分の人が「十分ではなかった」と答えるそうです。

それほど睡眠に対して問題を抱えている私たち。 睡眠が大切だということはわかってはいるものの、なかなか毎日十分な睡眠時間を確保できない!という人が多いと思います。

そんな時に注目したいのが夕方から夜にかけての過ごし方と、就寝10分前にすることです。

今回はしっかりとした睡眠を得るためにすべきことを、Harvard Business Review よりご紹介します。Sweet dreams(出典:http://mamasup.me/)

「寝足りない」というのは感覚としてはほぼ最悪に近いのではないでしょうか。 朝起きようと思っても起きれない、でもやることがいっぱいある。そういった気持ちから夜~夜中にかけて作業をすることが多いと思います。

そして、研究によると夜は焦りや「やばい」という気持ちが朝より膨らみやすいのだそうです。同じ量の課題が目の前にあっても、夜中にやろうとするときと朝のときでは焦りやそれからくるストレスの量が全然違うのだとか。

そういったストレスも加わり、量も質もよくない睡眠をとってしまい、「寝足りない」「寝たのに疲れている」といった気分を味わってしまうのです。

しっかりとした睡眠をとるために大切なことは、まず体を休めること。シンプルですよね。 体を休めるということは長い時間(理想8時間)寝ることなのですが、それを実行することも難しいと感じる人も少なくないと思います。 そういった時に試してみてほしいコツがこちらです。

まずは目標設定です。 「出来るだけ早く寝る」というのではなく、起きる時間から逆算して八時間前きっちりを目標時間に設定しましょう。 「できるだけ早く」というあいまいなゴールはいつでも変えてしまいやすくなります。

そして、家に帰ってから寝るまでの行動をルーティン化してしまうことです。 例えば22:30から23:30までテレビを見る、などです。 そしてそれを毎日同じように繰り返します。 少しなじんできたときに時間を早めます。あくまでも行動は一緒のままで、時間だけ早くするのです。 ○○をしたら寝る、というリズムが刻み込まれているので睡眠に入りやすくなるそうです。

そして、ここからが寝る前の10分にすべき習慣です。

 

1. 気分が良くなるような本(小説、フィクション、など)を読むこと。

自分の仕事に関する本以外ならなんでも良いそうです。

 

2. 部屋の気温を下げること。

これも研究で証明されていることだそうで、涼しいほど眠りに入りやすくなるそうです。

 

3. ブルーライトを避けること。

携帯やパソコンから発されているこの光。これを吸収すると眠りに入りにくくなるというデータがあります。寝る前は電子機器を触らないか、ブルーライトをカットするメガネなどをかけることです。

 

4. スパのような環境を作ること。

ぼんやりした照明ややさしい音楽など、自分がリラックスできるような環境を作りましょう。

 

5. 手紙を書くこと。

特に誰かに対しての感謝の手紙を書くことが効果的だそうです。長い手紙ではなく、メモ程度の短い手紙でも効果的だそうです。

 

6. 座禅を組むこと。

心を落ち着かせて、静かに眠るモードに体と脳を切り替えることができます。

 

7. 散歩をすること。

天気がよいなら、少し歩いてみるのも良い睡眠への材料になります。

 

 

睡眠のエキスパートは、睡眠に入る前に毎日最低30分を睡眠の準備の時間に費やすべきだと言います。 その中でも最後の10分をどう使うかによって睡眠の質が変わってきます。

みなさんも上で紹介した睡眠時間確保のコツと質を上げるための習慣を駆使して量・質ともによい睡眠を体験してみて下さいね。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
386 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ライフハック ビジネス アメリカ留学ブログ 大学 東大 学生旅行 日本 ハーバード TED