社員並みの待遇!Appleのインターン生の年収は800万円。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

いまやAppleという会社を知らない人はいないでしょう。アメリカだけでなく、もはや世界最大の会社と言えます。

市場価値で世界最大を誇るAppleですが、その利益は社員だけでなくインターン生をも潤しているようです。 彼らも驚くべき値段の給料を受け取っているのです。

Mashable によると、Appleのインターン生(主にエンジニア)がひと月にもらう給料はなんと、7000ドル。つまり、安く見積もっても70万円です。驚きますよね。とてつもない金額です。

年収にすると80000ドル、つまり少なくとも800万円以上を受け取っているのだそうです。 すごいですよね。社会人ではない身分でこの額を受け取ると思うと本当に驚愕です。アップル(出典:http://mashable.com/)

Appleでエンジニアではない部署でインターンを経験した学生もひと月約25-30万円のお給料をもらっていたそうです。

ただし、これは日本で言うアルバイトのような、一日中ではなく週に数時間を何回か、というようにパートタイム制だったからだそうで、もしフルタイム(9:00-17:00のようなスケジュール)で働いていたならば、ひと月50万―60万円、年収にして約700万円を受け取ることができたといいます。

そのかわり、インターン生にもいくつか強いられていたことがあります。

例えば、秘密の厳守。 社内で見たもの、聞いたこと、仕事をしたものについてなど、口外することは一切禁じられていたのだとか。

その他、部署ごとに何をやっているかを秘密にしたり、権利の制限(アクセス権を一部の人間に限定するなど)を行っていたそうです。

アップルはよく「サプライズ」的な演出をすることでも知られています。そんなことがあってか、発表する時まで秘密を守っておくことはとても大切なのですね。

しかし、このようにインターン生に高額の給料を支払うのはAppleだけではないそう。

先日Facebookのインターンについて少しお伝えしましたが、FacebookやLinkedInなどのインターン生もひと月平均62-70万円の給料、つまり約750-800万円の年収を受け取っているのだとか。

これらソーシャルネットワークサイトでのエンジニア系インターン生の平均年収である700-800万円は、アメリカの一世帯当たりの平均年収である530万円―600万円を大きく上回っています。

この実情について、どう思いますか?

社会人ではないインターン生が普通の会社員よりも多くお金を稼いでいるのです。 彼らの年収は日本の相場と比べても驚くべきものに変わりはありません。

こういった企業がどれだけ売り上げているか、そしてどれだけ会社を担う次の世代のニーズがあるか、ということを思い知らされる数字だと思います。

みなさんも、インターン生のお給料事情についてぜひぜひ調べられてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
346 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ 日本 ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す