【世界一周経験者が送る】絶対に対策すべき海外旅行に関する重大トラブル。

Infraプログラミング講座
はてなブックマークでシェアする

今回は海外旅行にまつわるトラブルをまとめてみました。

先に結論から言いますが、トラブルを避ける一番の方法は、どんなトラブルがあるのか知っておくこと! これから海外に行く際に少しでも思い出してもらえればなーと思います!

 

お金にまつわるトラブル

トラブル1一番避けたい問題。でも一番多い問題でもあるのが金銭トラブル。

いくつか例を挙げてみます!

 

①スキミング

「使った覚えもないのに、請求額がはね上がってる…!」

そんな時はこのスキミングを疑ってください。 ATMを利用した時に、またカードで買い物をした時に、カードの情報が盗み取られてしまって、他人にカードを使われてしまっているという、スキミング。クレジットカードを使う機会が、日本にいる時よりも断然に増えるので、そのリスクもかなり大きいです。

僕が実際に行っていた対処法としては、一番は人気のない場所のATMは使わないことです。現地の人を含め、他の人たちが使ってるATMならまあ大丈夫だろうといった安易な考えではありますが、これが案外効果的!

また、スキミングはいつされたのか分からないものなので、しっかりと利用額をチェックし、被害にあったら、カード会社に連絡し、すぐに対処するというのも大事なことです。

 

②クレジットカードが吸い込まれる

「ATMでお金おろそう~…あれ?!カード出てこないっ…!」

そんなことも起こりえます。あとあと誰かが引き抜いてカードが使われてしまう。カードが無くなり、この先お金がなくて困る、という2重で困るトラブルです。

これに関しても、やはり利用者が多いATMを使っていくというのが、最善の方法でしょう!また係りの人が近くにいて、すぐに助けを呼べる状況だということを確認しておくというのも一つの手です!

 

③スリ・強盗

「お土産これに決めたっ!さあ買ってこよ…あれ!財布がない!!」

スリです。

よく聞く話ではありますが、海外に出ると、スリにあう確率がとても高いです。むしろ海外旅行にはスリが付きものなんじゃないかと思えるくらい、スリの被害にあっている人たちに会います。自分も含めて。。。

ですので、これに関してはスリに会うのはしょうがない!と思うくらいにしておいた方がいいと思っています。

スリにあってもいいように、最低限のお金しか持ち歩かない。 スリにあってもいいように、財布は分けて持つ。 スリにあってもいいように、クレジットカードは分けて持つ。

そういった気持ちの持ち方、対策の仕方が効果的だと思います!

 

旅行に必要な手続きなど

トラブル2旅行の計画を立てるのは楽しい!でもいざ準備するってなると、いろいろ大変で…。

そうやって、ついつい後回しにしがちなことですが、気づくともう遅いなんてこともしばしば。そんなトラブルを挙げていきます。

 

①予防接種が受けきれない

「注射とかいやだなー。まあ一日頑張って一気に受けて終わらせるか~」

無理です。

一日で複数の注射を打つことは出来ても、注射の中には数回に分けて、2度3度行わなければ、効果が出ないといったものもあります。

そしてその1度目の注射と2度目の注射はしばらく期間をあけなければいけないといった場合が多いです。。。

破傷風、A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、狂犬病、黄熱病。

様々な病気にかかる可能性があるので、しっかり予防接種を受けていきたいところです。

時間なさすぎ!2度目の注射…なんてことにならないよう、計画的に進めていってください!

 

②出発前までにビザが取れない

「日本のパスポートは最強だぜ~!チケット買ったし、あとは空港行くだけ~!」

なんて余裕ぶってると時たま痛い目にあいます。

基本的にビザなしで、もしくはその国に着いたときに取得できるアライバルビザで入国できる日本のパスポート。でももちろん例外もあって、中には事前にビザを取得しておかなければならない国も存在します。近場の国で言えば、カンボジアやインド。

このビザの申請が意外と手間がかかる。大使館に何度か行かなきゃいけないし、申請用紙とか書くのも面倒だし。。。

しかもこのビザ。国にもよりますが、申請してからも、ビザ発行までまあまあ時間かかるんです。数週間かかかるときも。。。

ビザが必要なんて知らなかった! こんなに時間かかるなんて知らなかった!

そんな理由で出発前までにビザが取得できないなんてことになったら大変です。

面倒にも感じますが、楽しむための準備として、ビザが必要か、発行までどのくらいかかるかをしっかり調べ、必要な時は早めに申請しちゃいましょう!

 

旅行中のあるあるトラブル

旅行中は特にトラブルが溢れています。ぼったくられる、騙される、迷子になる、ケンカする。様々なトラブルがあると思いますが、最後に、今までの旅行経験から、個人的にもっとも避けたいと思うトラブルを紹介したいと思います。トラブル3

写真を見過ぎて感動がない

「あれ?思ってたのよりも……しょぼくないか…?」

こんなふうに思ってしまうことがまれにあります。

海外旅行、やっといける憧れの場所です。楽しみすぎて、ネットで、雑誌で、たくさんの写真を見て、ウキウキすることでしょう。やっぱり旅行は計画してるところからもう楽しいので、それはとっても良いことです。

ただ!!!

写真の見過ぎには要注意です!

ネット、雑誌で見るのは、プロが撮っている写真。きれいに加工されている写真です。

今から行く場所の最高の状態の写真が載っているはずです。

そうでなくても今では素人がとっても実物よりもきれいに撮れちゃう時代。

写真そのまんまを想像していったがゆえに、

「思っていたのと違う。こんなものかあ…。」

と、なってしまうこともあります。

期待のしすぎも要注意です(笑)

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回挙げたのは、ほんの少しの例にすぎません。

楽しいはずの旅行がトラブル続きで、嫌な思い出になっちゃうなんて嫌ですもんね。。。

まずはどんなトラブルがあるのか、知ることから初めて、いざって時に慌てることのないようにしてください!

ただ、気にしすぎも良くありません。どんなトラブルがきても笑い飛ばしてやるってくらいの意気込みで向かっていってくださいね!きっといつか良いネタできた~って思える日がくるはずです!

(Top Photo:http://ure.pia.co.jp/articles/-/29416)

この記事を書いた学生ライター

Ryo Saito
Ryo Saito
56 ライターに共感したらGoodしよう!

大学生活中にバックパッカーとして30か国以上を旅してます。 2013年には大学を一年間休学し、フィリピン留学・世界一周・キャンピングカーでのアメリカ横断を経験するなど根っからの海外好き。(twitter : @ryo2603)

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ライフハック ビジネス アメリカ留学ブログ 大学 東大 学生旅行 日本 ハーバード TED