夢を持った大学生必見!夢までの最短をいくたったひとつの法則!

Infra ライティング講座
はてなブックマークでシェアする

あなたの夢はなんですか? 「お金持ちになること」「幸せな家族を作ること」「偉大な人になること」 十人十色の夢や将来像があるかと思いますが、今回は夢を叶えるために行うたったひとつの法則を紹介します。 夢を夢で終わらせないために! OOK86_alpha15142320-thumb-815xauto-16115出典:https://www.pakutaso.com/20150633156post-5602.html

夢はみるものではなく、叶えるものである

出典:http://kashinavi.com/song_view.html?23046

21日で人は変われる

今回紹介したいのは、21日の法則です。 これは人間の習慣を身につけるための法則であり、3週間もの間続けることで体に染み付くので習慣が癖になっていくという法則です。

人格は習慣からなり、習慣は意識から変えることができます。

また「類は友を呼ぶ」というように同じ物事を考ている人には惹きつける魅力がつきます。
その結果、同じような夢をもっている者同士がくっつき夢への動力が生まれるのです。 大学や友人を思い浮かべた時、同じようなことを考えている人が2人以上は思い浮かぶかと思い浮かぶかと思います。 それは大学やサークルという同じような人が集まる場所にいるからです。

すこし本筋から離れてしまいましたが、つまりは習慣から癖を身につけて夢を一緒に見てくれる仲間を見つけることが大切ということです。

大切なのは自分を見つめるということ

そのためにまずは、自分を知る必要があります。 優しさにあふれていて、人の痛みを知れる人間だ、自分に厳しくて辛いことを好んでいる人間だ。 など、どんな人なのかを思い返してみましょう。

その次に、自分の短所や弱点を考えてみましょう。 優しい人なら自分にも優しいのでは?辛い環境を好んでいる人は、環境に身をおくことで満足して結果を出せてないのでは?

答えはありませんし、間違いはありません。
ですが、自分のことを知っているのは自分自身です。 弱みと強みをみつけまずは21日間だけでも奮闘してみましょう!

適当にはじめてみる

自分を知れたらいよいよ21日間変えてみましょう。 かといって何をすればいいのか?といったことになります。 行動というは夢を叶えるためにそう重要なことではあいません。 大切なのは、WHAT(何をする)ではなくWHY(なぜするのか)です。

学者になりたいからといっても、勉強したって教授の知り合いを増やすことだってどれが一番早くなれるのかなんてわからないものです。 だからまずは思いついたものを適当に始めてみましょう。 やってみることで、視野が広がり次はどうすればいいのかが分かります。 このPDCAのサイクルがより精密な行動を生み出します! 大学では教えてくれないPDCAはこちら

逆算をする

やることも自分もし知れたら後は、夢からの逆算です! どんな道のりなら達成できるのか。それはいくつの時か、どんなことを中間でしていないといけないのか。 自分のロードマップを描きましょう。 ここで一番大切なのは、何をしている自分ではなく、どんな人になっている自分を想像するかです。

職業や職種にこだわるのもいいのですが、あくまで

人の魅力は人格
です。 どんな人になりたいのかが夢です。 まずは21日間あなたを変えることで夢へ大きな一歩を踏み出せます。

この記事を書いた学生ライター

Sho Fukushima
Sho Fukushima
60 ライターに共感したらGoodしよう!

都内の大学4年生の福島 翔です! 人生を大きく変えるような記事を発信していきたいので、これから宜しくお願いします。 三度の飯よりも漫画が好物です。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 東大 学生旅行 日本 大学 ハーバード TED
Infra ロゴ