努力の結晶!”7歳の男の子”が更新したギネス記録とは?

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

アメリカ・テネシー州で行われるボナルーフェスティバル(通称ボナルー)という野外ロックフェスで、たった7歳の男の子があるギネス記録を更新したそう。

たった7歳が更新した世界記録とは何だと思いますか?ギネス1

それは一時間にするハイタッチの数です。

2012年にインドで更新された2181回を上回る”2392回”という記録をたたき出し、たった7歳の少年がギネスを塗り替えたのです。

どうやってギネス記録更新に至ったのでしょうか?見てみましょう。

たくさんの人がこのイベントに応募し、列に並んでハイタッチを行っていったそう。 音楽のフェスティバルという場所はもともと音楽に合わせて手をあげたり、嬉しくて周りとハイタッチしたりと、そういう光景が多くみられる場所ですよね。そういったことがこの少年がボナルーフェスティバルを舞台として選んだ大きな理由になったそうです。

ギネス記録に挑戦する前から、音楽フェスティバルで「ハイタッチの練習をさせてください」という看板をかかげながら人々に練習相手を頼んでいたそう。 彼のお母さんはインスタグラムでそんな彼の努力を約3年間記録し続けてきて、それが本番でたくさんの人が集まったことにもつながったのです。

そしてついにそんな練習の成果もあり、彼はアメリカの「ハイタッチの日」にギネス記録を更新したそう。

7歳ながらにしてギネス記録を更新するというすごいですが、その裏にある彼の努力を見逃してはいけませんよね。

TEDの「成功とは終わりのない旅である」の記事に関してはこちらから

わざわざ看板まで作って、自分より年上の見知らぬ人にハイタッチを求めるなんて、7歳ではなかなかできないと思います。 好奇心と元気、さらにお母さんをはじめとする周りのサポートが叶えたギネス更新だったのです。

私たちも好奇心を忘れずにやりたいことをしていけいけたらいいですね。

(参考:Badass 7-year-old boy breaks Guinness Word Record at Bonnaroo)

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す