大卒と高卒はそんなに差はない!【比較】

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

大卒と高卒は、初任給などの優遇が大きく違うことや、学閥がある点から大きな壁が生じています。 お互いをどのように捉えており、どんな違いを意識しているのでしょうか。 長期的に見た時、生活をより豊かにできるのは、どっちなのかを考えてみました。

MS251_kokotestnideruyo-thumb-815xauto-15171出典:http://rikonblog.com/column/11

生涯収入は大卒

<男性の場合> 高卒   2億4000万円(42年間) 大卒・大学院卒 2億8000万円(38年間) -------------------------------- 大卒のほうが+4000万円

<女性の場合> 高卒       1億8000万円(42年間) 大卒・大学院卒 2億4000万円(38年間) -------------------------------- 大卒のほうが+6000万円 出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/178113/ というデータがあり、生涯収入の高さは断然大卒のほうがもらえます。 しかし、大卒は4年間分の学費や諸費がかかるので、実際の差はそうないと言えます。

大卒でないと入れない企業や職業がありますので、自分の志望進路で大卒という資格がほしいのであれば大学にいくべきでしょう。

社会人としては高卒

高卒の良さは18歳という若い時から社会経験がつめるということです。 大学で4年間すごしていると高校生に比べ、ずる賢さを覚えたり遊びを知っているので素直さがないという印象を企業はもちやすいです。 そして、高卒は素直さが売りであったり、活気のある点がいい印象だと受け取ってもらえたりする点や、まだ成人になっていないからこそ周りの人が様々なことを教えてくれる可能性がとても高いです。
大学の4年間を高卒は社会人として働き、大きなリードを作ることができるという利点もあります。

4年間をどう過ごすのか

このように、大卒と高卒は想像以上に差がなく自分の進路を決める上に大学にいくべきなのか、また大学生という期間をどのように過ごすのかで高卒との差別化を図る必要があります。 大学が無駄だったと言われないように過ごしましょう。

この記事を書いた学生ライター

Sho Fukushima
Sho Fukushima
48 ライターに共感したらGoodしよう!

都内の大学4年生の福島 翔です! 人生を大きく変えるような記事を発信していきたいので、これから宜しくお願いします。 三度の飯よりも漫画が好物です。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス 日本 アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 TED 東大 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す