「心の底の本音を書き出す」 心理学者が解明したネガティブな思考から抜け出す方法。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

みなさん、ネガティブ思考に陥ったことはありますか? 物事がうまくいかないとき、何かに失敗したとき・・・・たくさんあると思います。

それを解消するには、じっくり考えてみる人、「ストレス発散」のために何をする人、色々なパターンがあります。 ただ、ネガティブな感情というのはとても処理しにくく、なかなかどこかにいってくれないものです。

そんな中、ティム・ウィルソンという心理学者が、心の中にあるネガティブな思考や感情から抜け出す方法を解明したといいます。

(参考:http://www.businessinsider.com/how-get-rid-negative-thoughts-tim-wilson-psychologist-2015-5#ixzz3cUqz1Seu)

その方法とは「一日の終わりに心の底の本音を書くこと」だそう。

日記のようなものに「なぜネガティブ思考に陥ってしまったか」、「それまでに何があったか」、「なにが嫌だったか」など自分が持っている「ネガティブ」なものについてとりあえず本音を15分間ほど書いていきます。

しかしティム・ウィルソンによると一番しんどいのが書きはじめて1、2日目であるそうです。

というのも、いくら書くだけといっても、やはり自分の心の底を毎日書くのは少しやりづらいそう。

しかし彼は、それと同時に最初はたくさん書いてあったノートが、だんだんまとまってくるのが見えてくると言います。

最初はただ原因らしきものなのがたくさん書かれていることが多いらしいのですが、だんだんシンプルになってくるのがわかるのだとか。

ということは、つまりどうやって「ネガティブ思考」に対して解決策を組むか、ということも少しづつ明確になってくるわけですよね。

毎日続けることによって、最初は多かった悩みなども時間が経ってもう一度考えてみると違う時もあります。 こういったようにして、毎日やってみることによって本当の原因などに触れることができるのだとか。

この寝る前の15分間のエクササイズは習慣づけると脳にも良いそうです。そして、脳がポジティブになると消化器官をはじめ体にも良い働きを促すそうです。

といったように、このようにとてもシンプルな習慣を身につけるだけで「ネガティブ」から脱出できるかもしれません。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す