大学での勉強は考え方が一番大切!知っておきたい2つの真実。

EF 留学体験が無料で当たる
はてなブックマークでシェアする

大学生になると、多くの人が勉強から離れ、それ以外の活動に専念していきます。 高校までとは違い自由な時間が増えますし、なにより活動範囲が広がり、最後の学生生活ということもあり、勉強はしなくなるものです。 しかし、長期的な視点で見た時、大学で勉強した経験というのは大きな2つの利点があります。

学業以外とのシナジー

830673164-講義室-知能-大学-勉強-無線(出典:http://footage.framepool.com/ja/shot/829040534-research-investigating-chemical-clipboard-noting)

大学での勉強は基本的に専門的なものが主体となりますので、少し視野を広げると学業が様々な分野で役に立ちます! 経済学を学んでいれば、どのようにすれば物が売れるのかをつかめ、アフィリエイトや起業の際にシナジーが効きます。

理系でプログラミングを学んでいれば、WEBサイトの立ち上げができ、ビジネス的な活動ができます。

その他にも、学業での勉強が社会で実力として発揮できるという利点がありますし、大学は学びの場ですから勉強をするための図書館や研究室などの施設が充実しており、大学生でしか使えない特権です!

経済成長性が高い

shutterstock_46799344(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/6833369/)

社会人になれば、勉強する時間はおろか、反省をしている時間すら惜しいほど時間が足りません

そして、国際化が進んでいる世の中において、英語が話せないというのが予想以上に弱点になってしまいます。

海外の企業との営業や接待などで、もし話すことができれば、、、といった思いをし、大学生の時に語学の勉強をしていればと反省をすることが多いです。 それだけではなく、経営学やマーケティングなど社会人として求めれる知識を「大学で学んでおけば」と思う方も大勢います。

もし、大学生の間に、語学や仕事で使えるであろう学問を学んでおくと、就職した時に蓄積された知識が発揮されるので、結果を出すことができ、会社の業績とあなたの実績があがるという成長性が高いのです!

つまり、

大学の勉強を無駄なものとは思わずどのように活かしていくのかを考えることが重要であり、将来をより豊かなものにしていくために今から考えるべきこと

なのです。

この記事を書いた学生ライター

Sho Fukushima
Sho Fukushima
60 ライターに共感したらGoodしよう!

都内の大学4年生の福島 翔です! 人生を大きく変えるような記事を発信していきたいので、これから宜しくお願いします。 三度の飯よりも漫画が好物です。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス ライフハック アメリカ留学ブログ 大学 東大 学生旅行 日本 ハーバード TED
Infra ロゴ