「就職 氷河期」はもう終わった!これからは社会で勝ち抜く時代だ!

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

「就職 氷河期」という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。 不景気の影響をうけ、企業が新卒や中途を取る数を減らし、厳しい門がより一層厳しくなる現象のことである。 そんな状況をのりこえ、時代は次のフェーズに移行しようとしている!

2012-05-12-005出典:http://kankoku-keizai.jp/blog-entry-2572.html

2007年、サブプライムローン問題を引き金とする世界的金融危機やリーマンショックの影響による株価の暴落、急速な円高や世界各国の景気後退により、それまで過去最高利益を出していた企業の業績が急激に悪化し始めた。この影響により、再び日本に就職氷河期が到来した。これは、前回の氷河期での有効求人倍率で記録した過去最低の0.48倍をさらに下回り、2009年7月に0.42倍を記録したことからもうかがい知れる。

出典:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%A2%BF%A6%C9%B9%B2%CF%B4%FC といった現象から就職難に落ちいてしまうことを恐竜が絶滅したと言われる氷河期に例えているのだ。

だが、現在の日本は3.11のダメージから立ち直り快調な上昇をみせようとしている! また、2020年に東京オリンピックが開催されることが決まり、それに向けた様々な業界が上昇を始めています。

だからこそ、今の就職は氷河期を超えたとも言えます。

しかし、これからの時代は個性や実力が反映されやすくなってきたからこそ、競争に勝ち抜けるものが重視されるのかもしれません。 そうなれば、二極化が進むことやグローバル企業が多くなることが予想できます。 469823769-620x413出典:http://gakusei-susume.com/motivation_leader/

これからの就活は後10年後、20年後を見据えたビジョンを持つことは大切なのです!

そして、世界という環境でも勝っていくことが問われる、氷河期を乗り越えたからこそ迎える次のフェーズが待っています。

この記事を書いた学生ライター

Tomoya Maekawa
Tomoya Maekawa
15 ライターに共感したらGoodしよう!

co-media編集長の前川です。ものすごくサッカーが好きです。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ 日本 ライフハック 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す