間違った記憶を生み出す!?睡眠不足が脳に及ぼす悪影響とは。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

勉強、アルバイト、サークル、遊び、学生時代は特に色んなことをして忙しいですよね。

時間がない、でもあれもしたいしこれもしたい。そんな時に削ってしまうのが「睡眠時間」

あればあるほどいいけど、なくても大丈夫。そういった理由で睡眠時間を削っている人が多々いるように感じます。スイミン3しかし、その一方で「睡眠不足は体や脳に悪い」ということを聞いたことがある人もたくさんいると思います。 それにもかかわらず、徹夜をする人の数は減っていないですよね。

少しでも睡眠の大切さを知ってもらうため、BUSINESS INSIDERで紹介されたThis is your brain on not enough sleep を参考に、睡眠不足が脳に与える悪影響や危険性についてご紹介します。

まず、どれだけ「睡眠不足は脳に悪影響だ」などと聞いてもしっくりこないのは、目に見える異変が起こることはめったにないからでしょう。

脳自体に起こっている影響というのは見えないですからね。

では、実際に、睡眠不足の時脳の中ではどのようなことが起こるのでしょうか? スイミン4まずは、記憶の喪失。睡眠をとることで記憶は備蓄されていくので、睡眠をとらなければ記憶は脳に保存されなくなります。結果、つい最近起こったことが思い出せなくなったりするそうです。

そして怒りっぽくなること。 睡眠不足はネガティブなことを思い出させたり、人の顔の表情などを勝手に「怒っている」「不満そう」と解釈してしまうそう。 そこからいらいらや怒りっぽさが生まれるのですね。

そして、記憶の喪失だけではなく、間違った記憶を生み出すことも。 物事と物事の関係性を見る部位がうまく機能しなくなり、ありもない記憶を現実だと理解してしまったりするそうです。

それに似たのが幻覚。睡眠不足になることで、脳が情報を取り入れて分析する力が弱くなってしまうそう。そこで、何が現実かどうかが判断できなくなり幻覚を見ることがあるのだとか。

そして、人々が気づきやすいものとしては倦怠感ですよね。 体がだるい、集中できない、ぼーっとしてしまう、など集中力に関わるものも大きいです。

それに関係するのが判断力の欠落。集中力が欠けることで、「何が大事で何が必要か」などの決断をする力がなくなってしまいます。それによって無駄なリスクを負うこともあるのだそう。

最後に、脳のダメージ。これは脳の細胞を傷つけてしまうということです。これによって起きる悪影響は数知れないでしょう。

こういったように、睡眠不足は自分に損なだけではなく、怒りっぽくなったり集中力がなくなったりして周りにも影響を及ぼしてしまうのです。

以前の記事、アリアナ・ハフィントンが語る成功の秘訣。「もっと睡眠をとりましょう。」 でご紹介したとおり、十分な睡眠が人生を豊かにするのです。

一日に24時間しかないのは皆同じです。タイムマネジメントをしっかりして、ちゃんとした睡眠をとることを心がけましょう。

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す