「ジャーナリスト講座 in 東南アジア」 途上国で取材ができる”学生必見”のユニークツアー。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

「ごみ山は本当になくなってもいいのか?」 「路上の物ごいにお金をあげるべきか?」 「街中に出回るコピー品は悪なのか?」

途上国を歩くと、色んな疑問が目の前に迫ってくる。そういった疑問を、取材や記事執筆を通して解き明かす珍しいツアーがある。

それが現在募集している「基礎ジャーナリスト講座 in セブ/ホーチミン/ミャンマー」だ。

主催するのは、途上国・国際協力の情報を発信するNPO法人開発メディア(媒体名は「ganas」)。

設立は2012年8月と新しいが、このツアーで講師を務める長光大慈編集長はこれまでに海外5ヶ国で暮らした経験を持つ。とりわけ東南アジアでは「NNA」(現在は共同通信グループ)のタイ支局とフィリピン支局を立ち上げた。

「途上国=貧しいとか、笑顔とか、安易に決めつけるのはおかしい。いろんな人が住んでいるし、いろんな見方があってしかるべきでは」がモットーだ。これを「複眼の視点」と呼んでいる。

この講座では、参加者は行き先を、フィリピン・セブ、ベトナム・ホーチミン、ミャンマー・ヤンゴンの3カ所から選べる。

滞在期間はいずれもおよそ1週間。この間、毎日取材し、記事を書く。 取材先はごみ山、マイクロファイナンス機関、学校、スラムなどさまざま。参加者の希望を考慮して決めていくのが特徴。ネタの見つけ方、インタビューの仕方、データのとり方、伝わる文章の書き方などを学びながら、優秀な記事は署名入りでganasのサイトにも載せてもらえる。

 

「知りたいことをどう聞き出すか、を学んだ」

ganasさん1ー セブのごみ山を取材する参加者ら(2014年夏)

基礎ジャーナリスト講座は今回が4回目。これまでにセブで2回、ハノイで1回実施した。過去の参加者の声を下にいくつか紹介する。

・「個人で自由に取材できるのが楽しい。複数の人にインタビューすると、記事に深みが出ることがわかった。悲惨そうに見える人が実はその現状に満足していることも意外だった」(大学生)

・「インタビューの際にどうやって人の心をつかむか、知りたいことをどう聞き出すか、データをどう取ってくるか、文章の組み立てはどうするかなどを学んだ。自分のスキルが日に日にアップするのが実感できた。アウトプットするから、ひとつひとつの体験が強烈に印象に残る」(大学生)

・「ただの道もアンテナを張って歩けば見えないものが見えてくる。それを記事にするプロセスで、社会的背景が浮き上がる場合もある。このツアーでは数字、根拠の重要性を学んだ」(社会人)

・「ごみ山に衝撃を受けた。目の前のコミュニティに大卒の元英語教師が住んでいたり、衛生状態が悪いのに妊婦がごみを拾っていたり、勉強が嫌いで学校を辞めた子どもの対応に困る母親がいたり、そこには『生活』があった。取材では英語を使うため、英語の大切さも身に染みた」ganasさん3ー ハノイではスラムの家も5軒以上訪問した(2015年春)

 

発見力・質問力・考察力・文章力をアップ

基礎ジャーナリスト講座での学びをまとめると、下の4つに集約できるという。

1)発見力‥‥問題・課題を見つける

記事を書くにはまず、ネタ(≒問題・課題)を見つける必要があります。ネタを探すうえでカギとなる「視点の持ち方」を養います。

2)質問力‥‥取材対象から話を引き出す

「何でもいいから教えてください」。これでは取材になりません。講座では、ひとりひとりが実際に取材をする中で質問力をアップさせていきます。質問する力は、取材に限らず、社会に出た後あらゆる場面で重宝します。

3)考察力‥‥掘り下げると「何か」が見えてくる

情報をインプットして終わりではありません。記事を書き、発信します。アウトプットするには、取材で得た情報をもとにブレストし、そこにどんなポイント(切り口)があるのかを探る必要があります。講師のアドバイスを受け、掘り下げていくことで、「これまで見えなかった何か」が見えてきます。

4)文章力‥‥万人に伝わる書き方を学ぶ

伝わる文章の書き方もお教えします。文章力はコミュニケーション力の基本です。

「このツアーは巷のスタディツアーとは全然違う。観光の時間はなし。本気で学びたい人にこそ、ぜひ来てもらいたい」と長光編集長。興味のある人は、まずは説明会(6月6日、6月25日、7月6日)に行って詳細を聞いてみてはどうだろう。 学習が効率的になるたった一つの法則

 

基礎ジャーナリスト講座の詳細

・共通の詳細な資料はこちら

・過去のツアーのムービーはこちら↓

<フィリピン・セブ> ◎期間:2015年9月6日(日)~14日(月)(現地8泊) *現地集合(空港でのお迎えあり)・9月14日の朝に現地解散 ◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円 *渡航費や保険代は含みません *含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費、講習費 ◎〆切:2015年8月6日(木) *7月6日(月)までのお申し込み(入金完了)は1万5000円割引! *ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック! ◎定員:8人(先着順) ◎事前研修:8月末~9月初めを予定(都内) ◎英語留学とのセット料金もあり

<ベトナム・ホーチミン> ◎期間:2015年8月2日(日)~9日(日)(現地6泊・帰りの機内1泊) *現地集合(空港でのお迎えあり)・8月8日の夜に現地解散 ◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円 *渡航費や保険代は含みません *含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費、講習費 ◎〆切:2015年7月2日(木) *6月15日(月)までのお申し込み(入金完了)は1万円割引! *ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック! ◎定員:8人(先着順) ◎事前研修:7月末を予定(都内)

<ミャンマー・ヤンゴン> ◎期間:2015年8月23日(日)~30日(日)(現地6泊・帰りの機内1泊) *現地集合(空港でのお迎えあり)・8月29日の夜に現地解散 *9月20日~27日のツアーも応相談 ◎料金:社会人16万8000円、学生14万8000円 *渡航費やビザ取得費用、保険代は含みません *含まれるもの:宿泊費、食費、現地での移動費、講習費 ◎〆切:2015年7月23日(木) *6月26日(金)までのお申し込み(入金完了)は5000円割引! *ご友人おひとりご紹介につき3000円キャッシュバック! ◎定員:8人(先着順) ◎事前研修:8月中旬を予定(都内)

<説明会の日程> 〇6月6日(土)18:15 ・詳細はこちら 〇6月25日(木)19:15 ・詳細はこちら 〇7月6日(月)19:15 ・詳細はこちら

<開発メディアganas>

・Facebookページはこちら ・ウェブサイトはこちら (近日中にリニューアルオープン予定) ・Email:[email protected]

この記事を書いた学生ライター

co-media 編集部
co-media 編集部
521 ライターに共感したらGoodしよう!

自分も発信してみたいと思ったあなた!co-mediaでは編集者・ライターを募集しています。ぜひこちらからご応募ください! Twitterもぜひフォローよろしくお願いします。

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す