あなたは見つけられる!?中国が生んだ「人間カメレオン」の作品たち。

Infra ライティング講座
はてなブックマークでシェアする

中国にリュー・ボリンという一人のアーティストがいます。 絵や写真などアートの形は色々とありますが、その中でも彼が得意とするのは「背景に溶け込むこと」だと言います。

これは彼が魔法を使っているわけでも透明マントを使っているわけでもありません。彼の芸術の一部なのです。

それがどういうことかを見ていただきましょう。

アート1(http://www.businessinsider.com/)

人々は彼を「人間カメレオン」と呼んでいます。なぜなら彼の作品の中で、彼は探し出せないほど周りに溶け込んでいるからです。

一つの作品に約10時間かかるそうで、これらは彼の芸術家としての「アートの才能」と「忍耐力」が生んだ賜物だと言えます。

今回はそんな彼の作品をさらにいくつか紹介します。ぜひ溶け込んでいる彼を見つけ出してみてくださいね。

アート2

アート3

こういったロンドンのハイドパークやハリウッドサインの前など、観光名所などで作品作りをすることも多々あるそう。

アート4

アート5

さらにはこのように日常的に見る風景に紛れることもできるのだとか。

アート6

本当にスーパーマーケットで見ても見つけられなさそうです。

そして筆者がとても興味深いと思ったのは、彼の作品はよく彼自身のメッセージであったり彼の政治的な意見や見方が反映されている、ということです。

アート7

こういったように皆に注目されるアートだからこと伝えられること、広められることがありますよね。

では最後に一番難しいものを。

アート8

本当に、息をのんでしまう素晴らしさですよね。

こういった風に、彼のおもしろいところはアートをアートで終わらせないところだと思います。

彼独自の「アート」を武器に世界に伝えたいことを多くの人に伝える、というのはとても面白いと思いますし、そういったアートの形があるべきだと思います。

彼の作品はたくさんあるので、みなさんまた探してみてください!

(参考:15 incredible new photos of Liu Bolin, China's 'Human Chameleon')

この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
365 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 学生旅行 日本 東大 大学 ハーバード TED
Infra ロゴ