女性CEO・ロリ セネカル氏がすべての面接受験者に聞く「3つの質問」とは。

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

会社の経営者や上層部は「会社が何をしたいか」、「どういった方向に会社を向けていきたいか」ということを一番理解しています。

しかし、それを実際に実行するには「誰が”自分たちの思い描く未来”を実現してくれそうか」を見極めなければなりません。

それを見分けるためによく行われるのが「面接」。

そこで今回はMDCパートナーネットワークのCEOであり、広告会社のCP+BのグローバルCEOであるロリ・セネカルが面接に来た人に必ず聞くという3つの質問を紹介します。

<セネカル2ー CEO・ロリ・セネカル (出典:http://www.businessinsider.com/)

1つ目の質問は、

「今までに何を発明しましたか?」

だそうです。

これを見て、「発明???発明なんてしたことない!」と思うかもしれません。 彼女自身も「ここでの発明とはロボットを作ったなどという意味の発明ではありません。何か自分で生み出したものはあるか、ということが聞きたいのです。本当にどんなものでも良いのです。」と。

この質問をして彼女が確かめたいのは、彼らに発想力や何か新しいものを生み出そうという気持ちがあるかどうかなのだとか。

2つ目は、

「今まで達成したことの中で一番すごいことのうちの一つ」について。

さて、この質問の目的は何なのでしょうか?

彼女が注目するポイントは一つ。

「視点」です。

彼女は、彼らの武勇伝が「私が」「私は」という視点で語られるのか、それとも「私たちが」「私たちは」など 「We」の視点で語られているかを注意して聞くそうです。

ここから彼女が読み取るのは協調性だそうで、会社で働くときに必要な協調姿勢を持っているか、また持とうとしているかを見ているそう。

最後の質問は、

「リスクを負ってまでより良い結果を出そうとしたことはあるか、またそれはどんなものか」についてです。

これを聞くことによって会社に入ってもミッションを達成するために努力を惜しまない人間かどうかを見ているのだとか。

専門家の知識も踏まえて、今の世の中で必要とされているのは

① オリジナル・独創的、創造的な考え方 ② 協調、協力をしようという気持ち ③ 情熱と献身

です。

すべての企業の求めているものが同じではないと思いますが、「会社に対する思い」や「組織で働く気持ち」を持つことはとても大事だと思います。

(参考:The 3 interview questions one CEO asks every job candidate)


この記事を書いた学生ライター

Moe Miura
Moe Miura
348 ライターに共感したらGoodしよう!

海外ドラマ・映画に影響されて15歳でアメリカ留学へ。現在大学では海外から来た生徒と一緒に授業を全て英語で受けています。最近はイベントで通訳をしたり、韓国語を勉強したりと忙しい日々を送っています!主に海外の記事を参考にオリジナル記事を作成していきたいと思います!

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す