接待ゴルフはもう古い!これからのビジネス商談は「サイクリング」?

長期・有給インターンシップを探すならInfrA
はてなブックマークでシェアする

hi-course-bali-beach-golfゴルフといえばお金持ちに人気のスポーツという印象が強く、実際に収入が1000万円を超える家庭からのプレーヤーがほとんどです。しかしReutersによれば、その人気は低迷しており、過去8年でアメリカ国内のゴルフ場の数は減少する一方です。 The Economist によると、“ゴルフの魅力とはゆったりとした癒しをもたらすことであるのに、現代社会の早いペースを好む人々には上手く合わず、理解に苦しまれている”とあります。

そんな中、最近話題となっているのがサイクリング。 ゴルフとは全く違う雰囲気ですが、なんと新しいゴルフとも呼ばれています。 最近では「弱虫ペダル」といったロードバイクを題材にした人気漫画などの影響もあり、ロードバイク愛好家が急増加しています。

自身のサービスを売却したり、YahooとYelpの出資をしたりと活躍を続けるウクライナ出身の起業家、マックス・レヴチンは、熱烈なサイクリストとしても有名で、インタビューで下のように語りました。Max_Levchinwikipedia

シリコンバレーだけでなくアメリカ東海岸全体で、若い役員によるたくさんの会社が成功を納めています。 契約をしたりアイデアを出し合ったりするために、接待として長年ゴルフが選ばれてきました。 ゴルフをするのに汗をかく必要はないし、ときどきスポーツをしているようなふりをすればいい、そんなゴルフは分かりにくいスポーツなのではないでしょうか。 ボールを打っては祈る、そんな繰り返しです。 もちろんスキルがあれば祈りを捧げる必要はなくなるのだろうけれど、良くも悪くも終わりが見えないスポーツだと思います。

一方、従来の青年実業家とは異なり、ゆっくり歩き回るだけなんてつまらない!と、最近は実際に身体を動かしてアウトドアを楽しむ若者が増えてきています。現代の若い役員たちはフィットネスというほど身体を動かせないゴルフに興味を持てず、FitbitsMisfitsJawbones などの運動の進歩をモニタリングできるサービスに人気が集まっています。彼らが言うに、“わざわざジムに行って、1時間不快に同じ景色を見ながら運動して、1時間後やっと帰れると喜ぶなんて本当無駄。”なのだとか。サイクリングは実際に自分がどれだけ走れたか確認することが出来ます。

結果や目標までの距離が数や量としてはっきり見えるのは、大いにやる気を掻き立てます。

米国ゴルフ財団法人はレヴチンの解析が正しいと明かしています。財団によると、毎年ゴルフの人気は落ち込み続けているそうです。DSCF2345(出典:http://sports.qbei.co.jp/blog/bicycle/16308)

USAサイクリング(USAC)によると、2002年から2013年にかけて、自転車免許の取得車は76%も飛躍的に増加しました。

そんな大人気のサイクリングですが、ただのエクササイズだけではありません。運動やソーシャルのためだけでなく、道を走るジュエリーとも言える自分の自転車装備を、周りの人々に披露して格好つけたいとい気持ちも少なからずあるようです。

l_005出典: http://syonai-hakusan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-7faf.html

ゴルフプレイヤーにとって、ゴルフクラブは良い合金でできていて、何かよくわからないけどとにかくすごい物を選ぶのが絶対です。 すごい豪邸を持っていることを自慢すれば良いゴルファーあることが証明されるわけではないでしょう。所有する不動産を見せびらかすより、例えば自分の低い体脂肪率だったり、所有するエクササイズマシンや装備、設備などを見せたりする方がステータスは高いでしょう。

もちろんサイクリングには大金が必要です。1台の自転車一式にゆうに200万円かかるのもざらです。しかし一生使わないかもしれないゴルフセット一式に同じ金額かけることを考えれば、交通手段にもなるのだし、自転車を選ぶでしょうね。

一台最低でも2万ドルはするであろうレヴチンの愛用自転車、限定モデルのCervélo Rcaの写真がこちら。

最近ゴルフ場で若い会社役員を見かけなくなったなあと思ったら、皆もしかしたら道で自転車を走らせているのかもしれません。002(出典:http://www.avelotokyo.com/2013/11/greg-lemond.html)

この記事を書いた学生ライター

Moe Takenaka
Moe Takenaka
48 ライターに共感したらGoodしよう!

アメリカ極寒の田舎で4年半国際ビジネスを勉強してました。卒業後アメリカ南下を目指すも失敗し、北上してさらに極寒のシカゴで働いてます。これは!と個人的に思った海外記事を発信していきます☆ 

このライターの他の記事を読む >

記事を友達におしえよう

はてなブックマークででシェアする はてぶ

co-media
この記事が気に入ったらいいね!

最新記事をお届けします

人気のタグ

外資系 #25歳の歩き方 就活2.0 キャリアデザイン 厳選インターン情報 20卒 学校では教えてくれないキャリアの話 私の職業哲学 広報・広報PR 大学生がやるべきこと ANDの才能 早稲田大学 慶應大学 20歳のときに知っておきたかったこと 東京大学 ハーバード大学 教養 就活 海外 留学 アメリカ 女性 インターン 大学生 IT企業 英語 勉強 ビジネス アメリカ留学ブログ ライフハック 日本 学生旅行 東大 TED 大学 ハーバード
InfrA ロゴ

就活に役立つ長期・有給インターンを
厳選して掲載しています!

co-media ロゴ が運営するインターンシップサイト >>

InfrAでインターンを探す